100均アイテムだけ!ウォールフック・ハンガーの簡単DIY

ウォールフックハンガー 100均DIY

寄るとついつい長居してしまう100均。インテリア雑貨もたくさんあり、見ているだけでも楽しいですよね。
先日も100均に買い物に行ったのですが、今流行りの壁掛けインテリアに使えるアイテムがたくさんありました。ですが、私が探していたウォールフックやハンガーはちょっと数が少なめ…。
DIYコーナーの前を通った時に、ふとかわいいフックが目に入り、隣に金具や木材もあったので、自分でウォールフックをDIYしてみようかなと思い、材料を購入してみました。
今回は100均のアイテムだけで作る、ウォールフックをご紹介します。

◆100均でも手に入るウォールフック・ハンガーは?

100均 セリア ウォールフック

100均にはシンプルな木製のウォールフックがありました。サイズが小さく、ハンガー同士の間隔も近いためハンガーでコートや洋服を掛けるというよりは、アクセサリーや鍵など小さなものを掛けるのに適している気がします。その他、子ぶりながらウォールシェルフやウォールバーもありました。
DIYコーナーには、木材はもちろん、フックや金具も多く取り揃えられていました。フックも立派なアイアンのものはもちろん、キッチンコーナーには遊び心のあるデザインのものがありました。100均とは思えないクオリティですね。
塗装のインクもかわいらしいカラーがあり驚きです。思ったよりもしっかりしているものがつくれそう。これらを組み合わせて、100均アイテムのみでウォールフックをDIYしようと思います。

◆100均アイテムだけ!ウォールフック・ハンガーの簡単DIY

今回購入した材料はこちら。

店舗にもよるかと思いますが、セリアの方がフックハンガーや金具の種類が多かったです。塗料はダイソーの方が可愛いカラーの物が多くありました。
工具は、ドライバーと下穴を開けるためのキリ、塗装のための平筆があれば十分。こだわるのであれば、サイズを調整するためののこぎりや、木材を滑らかにするための紙やすりなどもあるとよりきれいに作れますよ。どのアイテムも100均で調達できます。

今回は、上記の材料で2種類のウォールフックハンガーをDIYしたので、それぞれご紹介しますね。

<簡単!ウォールフックハンガーDIY>

1.木材を塗装します

ダイソー ミルクペイント DIY

よく見ると100均の木材はバリや欠けがあるものもありました。余裕があれば塗装する前にやすりがけを行うと、より滑らかな手触りになり、怪我防止にもつながりますね。
塗装した木材は乾くまで風通しのいいところに置いておきます。
今回は全面を茶色で塗装し乾かした後に、ティッシュを使って少しアンティークっぽくベージュで塗装をしてみました。

2.木材を貼りあわせる

ボンド 木材 貼りあわせる

大きさの異なる木材を、木工用ボンドを使って貼りあわせます。ウォールフックの上部に何か引っ掛けたり、ポストカードなどを立てかけたりできるように位置をずらして貼りあわせました。
木材がしっかりくっつくように、本など重たいものを上に置いて、一晩じっくり待ちます。

3.吊り金具をつける

留め金具 取り付け

木材がくっついたら、吊り金具を取り付けます。ねじをねじ込む前にキリで下穴を開け、木材が割れるのを防ぎます。

4.フックを取りつける

フックを取り付けたい場所に下穴を開け、フックに付属していたねじをねじ入れていきます。
セリアのフックには、長さの異なるねじが2~4本ついていましたので、今回は長いねじを使いました。板厚に合わせてねじが選べるようになっているのはありがたいですね。
最後にフックを取り付ければ、ウォールフックの完成!

もう一つは工具を使わないでお裁縫セットだけで作れるウォールフックです。

<工具不要ウォールフックハンガーDIY>

1.バッグ用の持ち手を裁断する

持ち手の金具部分を切り落とし、半分に切ります。金具についている三角形の金具は後で使うので、取り外しておきます。
切った部分には薄くボンドを塗り、ほつれてこないよう処理します。

2.切ったバッグの持ち手と金具を縫い合わせる

金具とカバンの持ち手を縫い合わせる

先程取り外した三角形の金具を使います。半分に切った持ち手を輪っかにし、針と糸を使って金具と縫い合わせて固定します。革の部分が固く、針が通りにくかったので、指ぬきを使いました。

3.丸棒を塗装する

ダイソー ミルクペイント 塗装

今回はベースをベージュ、端をグリーンで塗りました。色の境目が綺麗になるよう、マスキングテープで養生しています。
塗装した木材は風通しのいいところに置いて乾燥させます。

4.丸棒とフックを組み合わせる

フックを壁にピンで固定した後、丸棒を入れればウォールフックの完成!
そのままでタオルなど掛けてもいいですし、S字フックやカーテン用のフックを取り付けてウールダスターや帽子、ストールなどを吊り下げてもよさそうですね。

◆自分で作ったウォールフックで壁掛けインテリアに彩りを

100均DIY ウォールフック

思ったよりも簡単に、100均にあるアイテムだけでウォールフックをDIYできました。
私たちの生活に身近な100均にはアレンジするためのアイテムがたくさん眠っているのかもしれません。ちょっとの工夫やアイデア次第で、キッチン雑貨やアクセサリーが大変身を遂げることもありそうです。組み合わせを考えながら店内を歩くと、また違った楽しみ方ができるかもしれませんね。
自分で考えて作ったインテリアは、きっとお気に入りの空間をより素敵に彩ってくれることでしょう。

壁掛けフックに関連する記事

壁に穴開けない!石膏ボード用フック27選~100均商品全比較

壁に穴開けない!石膏ボード用フック27選~100均商品全比較

100均の石膏ボード用フック(壁掛けピンフック)全種類を一覧で比較します。耐荷重、壁に穴開けない度、取付難易度などを評価し、目的に合った壁掛けフックはどこで入手可能か、参考になる情報をお伝えします。
壁に穴開けない!石膏ボード用フック27選~100均商品全比較の画像

長押の活用アイデア20選!賃貸でも使える無印の付長押の使用例

長押の活用アイデア20選!賃貸でも使える無印の付長押の使用例

壁に穴を開けず、賃貸でも使えると人気の無印の付長押。SNSなどでも様々な活用アイデアが紹介されています。今回は、家の中で実際に使用し、使いやすさや、設置のしやすさなどをレビューします。
長押の活用アイデア20選!賃貸でも使える無印の付長押の使用例の画像

セリアの「縦にも横にも挟めるかもいフック」(透明)を徹底解説

セリアの「縦にも横にも挟めるかもいフック」(透明)を徹底解説

便利すぎるフックとして大人気の、セリアの「縦にも横にも挟めるかもいフック」(透明)。従来のかもいフックより2倍取付可能になる機能や、窓枠に付けてタッセルフックとして使う活用事例までご紹介します。
セリアの「縦にも横にも挟めるかもいフック」(透明)を徹底解説の画像