お気に入りのベルト収納術。暮らしとおしゃれを楽しむインテリア

おしゃれの好みが変わると、それにまつわる雑貨の好みも変わる気がします。
最近の私のお気に入りはベルトです。普段のおしゃれにベルトを組み合わせる楽しみができました。
だけど数が増えてきたときにふと、収納場所が決まっていないことに気が付きました。そのせいか選ぶのに時間がかかったり、結局いつも同じものを使っていたりして。おしゃれの楽しみ方は変わったけど、インテリアや収納まわりは変化なしで、少しつまらないかな?

お気に入りのベルトを見やすく、そしてすっきり収納できたらいいなあ。そう思っていろいろ試してみながら、私に合う収納方法を探してみました。

暮らしに役立つ、ベルト収納アイデアを3つ試してみました

1、S字フックで吊るして収納

ベルト収納_S字フック

どこでも、なににでも使える、身近な収納雑貨。
クローゼットのハンガーポールに引っかけるだけの、シンプルな収納術です。
バックルを引っかけて吊るしておくのでクセが付きにくい。見せる収納としても、クローゼット内の他の洋服の邪魔にならず、お気に入りのベルトが選びやすかったです。

 

2、突っ張り棒で並べて収納

ベルト収納_突っ張り棒

こちらも、なににでも使える身近な収納雑貨。クローゼット内のデッドスペースを有効活用するのに、突っ張り棒はとても便利ですよね。
突っ張り棒は2本使い、下にくるものを少し壁に近づけます。こうすることでベルトが滑り落ちにくくなり、ネクタイやスカーフの収納にも活躍しそうです。

 

3、おしゃれなカゴにクルクル収納

ベルト収納_カゴ

そこにあるだけで可愛いから、ついつい集めてしまうインテリア雑貨。カゴを選ぶ時点で、すでに楽しいのです。
ベルトはバックルの反対側からクルクル巻いて、ストールなどほかの小物たちと一緒に収納。この中からお気に入りを大切に選び取る感じが心地良くて、おしゃれに対する気分も上がります。

お気に入りアイテムの、収納場所を探してあげること

私の暮らしに合ったのは、S字フックを使った収納でした。
やはり洋服と一緒に選べるのが便利。そして1つのフックに1本ベルトをかけておくと、もともと悩んでいた収納場所問題も解決。
フックはサイズと色をそろえたら、インテリアとしてもおしゃれで、さらにいい感じ。クローゼットで使っているハンガーの色に合わせて選ぶと、色の統一感も出るように思います。
ベルトの居場所が決まったら、いつもの暮らしもクローゼットの中身も、すっきりして心地よくなりました。

暮らしの延長線上に、インテリアと収納を楽しむヒントがあるかも

ベルトやバッグ、小物類などのファッション雑貨はいつの間にか増えていきますよね。新しいアイテムが加わるたびに、収納場所に迷ってしまうことも。いつも使うものだからこそ、こまめに、そして暮らしの導線で自然に整理できたらいいなと思います。

今回試したベルトの収納方法は、身近な収納雑貨で簡単にできるものです。ひとさじのアイデアで、心地よい暮らしにまた少し近づけたかもしれません。
みなさんも自分の暮らしに合った、お気に入りのおしゃれアイテム収納方法、探してみてください。

インテリアと暮らしのヒントに関連する記事

一人暮らし初心者必見!極狭キッチンの食器収納・拡張法とは?

一人暮らし初心者必見!極狭キッチンの食器収納・拡張法とは?

収納が少ない一人暮らしのキッチン。ごちゃ付きがちな食器や快適なスペース確保にお悩みを抱えていませんか?部屋を狭くせずに調理スペースを確保する方法を解説します!
一人暮らし初心者必見!極狭キッチンの食器収納・拡張法とは?の画像

手芸時間をもっと楽しく~手芸用品の収納方法!刺繍糸・道具編~

手芸時間をもっと楽しく~手芸用品の収納方法!刺繍糸・道具編~

手芸を始めて数年。少しずつ増えていく手芸雑貨の収納に困っていました。私が実際に試した収納方法をキッチンワゴンも交えて紹介していきます。暮らしを豊かにしてくれる手芸時間。大切な手芸雑貨だからこそ収納も上手にしたいものです。
手芸時間をもっと楽しく~手芸用品の収納方法!刺繍糸・道具編~の画像

知っておきたい整理の仕方|タンス・クローゼットの仕切り収納

知っておきたい整理の仕方|タンス・クローゼットの仕切り収納

大容量収納のタンス。引き出しの使い方や収納方法によっては使いたいものが奥に入ってしまったり・・・。今回はタンス収納を賢く使いこなすべく、仕切りを使ったタンス収納について調べてみました。
知っておきたい整理の仕方|タンス・クローゼットの仕切り収納の画像