暮らしに彩りを。インテリアとしても楽しめる、押し花の飾り方

押し花 飾り方 フォトフレーム

華やかな色彩に、ふんわりと広がる、やさしい香り・・・そんな丁寧で穏やかな、花のある暮らしに、やっぱり憧れる。
でも、「お花のお手入れ、きちんとできるかな」と考えて、膨らみかけていたつぼみがシュンとしぼむように、手が出せないと感じたりもしてしまいます。
一輪、二輪のお花でも、インテリアのように素敵に飾りたい。簡単なお手入れで、長く楽しみたい。
立派なお花じゃなくても、自分なりの飾り方で楽しめたらきっと素敵ですよね。
そのひとつとして、「押し花にして、フォトフレームで飾る」のはいかがでしょうか。
新しい趣味の開拓にも繋がるかもしれませんよ。

1.はじめのひと手間。飾る前の下準備

1-1.押し花を用意する

押し花

本当はずっと飾っていたい、色鮮やかでみずみずしい生花。美しいまま咲いていられるのはほんのひと時、という儚さが、お花の良さのひとつです。ですが、押し花にすることでお手入れの心配もなく、長く楽しむことができますよ。贈り物のお花がしおれてしまう、そんなさみしい気持ちも汲んでくれます。
押し花を作るのがちょっぴり面倒な人は、押し花のネット通販を覗いてみてください。お花屋さんもネットも、色とりどりのお花があり、どんなお花を飾ろうか、楽しみな気持ちがうずうずと膨らんでいくのを感じますよ。

1-2.好みのフォトフレームを選ぶ

フォトフレーム

なんのフレームがいいかな? ナチュラルな木製のフレームや、アイアン素材の華奢なフレーム。たくさんの種類があり迷ってしまいますね。でも大丈夫、どんなデザインでも素敵に飾ることができますよ。使わずに眠っているフレームも、この機に活躍してくれるかも。例えば、アイアン素材のものはお花の繊細さをより深く演出してくれるように、それぞれがお花を輝かす舞台として、力を発揮してくれます。

2.花のある暮らし。飾るのも楽しい、インテリア

準備が整ったら、あとは自由に押し花をフレームの中においていきます。花を崩さないように、ピンセットなどを使うのがおすすめです。
厚みのない押し花はフレームの中でずれてしまうので、両面テープなどでやさしく貼ってあげましょう。

2-1.スタンドタイプで、そっと置く

押し花 飾り方 フォトフレーム

写真を飾るのと同じようにスタンドタイプのもので、窓際に飾ってみました。
クリアな裏板を選ぶと、窓からの光が花や葉を透かし、重なり合う花びらもとても綺麗に浮かび上がらせます。
陽の入る時間帯やその日のお天気によって、さまざまな表情をみせてくれるので、カーテンを開ける毎朝の習慣が楽しみのひとつになりそうです。

2-2.壁に掛けて、お部屋を装飾

押し花 飾り方 フォトフレーム

寂しくなりがちな壁に、絵画のように飾ってみました。なんだか美術館のようで、お部屋全体が華やぐのを感じます。押し花はひとつの額にたくさん入れても、シンプルに入れても、素敵な仕上がりに。来客のときには、足を止めてくれそうです。
フレームの中には、好みのデザインペーパーを入れて、アレンジを効かせるのもいいですね。

おまけの飾り方。ドライフラワーも楽しめる

ドライフラワー 飾り方 フォトフレーム

長く楽しめるお花は、押し花以外にも。フレームにはドライフラワーを飾っても素敵ですよ。
立体感を大切にしたいので、テープやピンで留めるのがおすすめです。フォトフレームは、応用の効く軽やかなミニ舞台のようですね。

3.自分なりの、楽しみ方を。穏やかな趣味にも

押し花 飾り方 フォトフレーム

フォトフレームを使ったお花の飾り方、いかがだったでしょうか?
自分で作るのは、少しだけ手間。けれど、忙しい中でもお花に癒されたい。お花に込められた想いも大切にしたい。そんな気持ちに寄り添ってくれるような気がします。
一方で、長く楽しめるといっても、紫外線や時間の経過で、押し花も少しずつ鮮やかさを失っていきます。その時は、“ありがとう” を伝えるタイミング。気持ちを込めて、フレームの外に出してあげましょう。
自分のスタイルに合うような飾り方や、オリジナリティのある飾り方。いろいろな楽しみ方を知って、こころにお花が咲くような、そんな気持ちで自分らしい花のある暮らしをはじめていきたいですね。
お家でのゆったり趣味時間としても、心や暮らしに潤いを与えてくれそうです。

インテリアと暮らしのヒントに関連する記事

気ままレシピが暮らしの趣味になる。ラタトゥイユと夏の生活

気ままレシピが暮らしの趣味になる。ラタトゥイユと夏の生活

休日にひたすら野菜をカットしコトコト煮込む… そんなラタトゥイユの気ままレシピを紹介。暮らしの中で無心に料理と向き合う時間が、普段の生活やオフィスでのランチを助けてくれている気がしました。
気ままレシピが暮らしの趣味になる。ラタトゥイユと夏の生活の画像

インテリアにもなる小さなピアノで、ゆったり趣味を楽しむ暮らし

インテリアにもなる小さなピアノで、ゆったり趣味を楽しむ暮らし

「もし弾けるようにならなくてもインテリア雑貨になりそうだし…」と考えて自分の背中を押し、思い切って買った小さなピアノ。その可愛らしい音色は、購入前の迷いを取り去り、暮らしを新たな色で彩ってくれました。
インテリアにもなる小さなピアノで、ゆったり趣味を楽しむ暮らしの画像