おしゃれなブックカバーで隠す、見られても恥ずかしくない本棚。

本棚_隠す_ブックカバー

「こんなの読んでるんだね。おもしろそう」ひとの本棚を眺めるのって楽しいですよね。何に興味をもっているのか、どんなことを悩んできたのか…持ち主の頭の中、過去や想い描く未来までもが、つまびらかになってしまうのが本棚です。一方で、自分の本棚を来客のときに見られてしまうのは……? いやいや、お恥ずかしい。だから、うまく隠したい。でも、本棚がわかりにくくて、探しづらくなるのは困る。おしゃれに隠して、自分にはわかるように、本の整理収納を工夫してみました。

インテリアの中で、浮いてしまった本棚

本棚に並ぶ本たち。とってもカラフルに見えませんか?ひとつひとつは素敵な装丁でも、「まぜるな危険」です。視覚の刺激に弱い私。ずらっと並んだ本から、デザイン・タイトルなどの情報があふれでてきて…うーん、おびただしさに疲れる。アピール力抜群にデザインされたジャケットは、家の中ではちょっとパワフルすぎる。そんな本がたくさん並んだ本棚は、部屋の中で悪目立ちしてしまいます。
そこで「あふれる情報」を、シンプルな手作りブックカバーで覆うことにしました。

ちょっと待って!覆わなくてもいい。

本_ブックカバー

ブックカバーをしようと思いましたが、その前に裏返せば白く、シンプルになることに気づいてしまいました。本の背にラベルライターでタイトルをプリントして貼ってみたら、フォントも揃っているし、とてもスッキリ。英語やアルファベットにすれば、日本語よりも情報の強さがやわらぎます。揃うって、なんて気持ちが良いのでしょうか。

ワックスペーパーのカバーを纏わせ

本棚_隠す_ブックカバー_ワックスペーパー

次に気になったのは紙質。裏返したジャケットにもいろいろな紙質があり、照りがあったり、ざらっとしていたり。質感が混在しているのが気になる。そう、私はなかなかに細かいのです。やはりブックカバーをあらためて揃えよう。家具に馴染む色のワックスペーパーと、ラッピングペーパーを用意し、本のサイズに折って包みました。ちょっと渋く仕上がりました。カバーというより「纏った」という感じがでて、上質なものにも見えるではないですか。

どんな本棚にしたいのかを再確認する

ブックカバーを統一できたので、次は本棚の「わかりやすさ」を追求します。ここで、改めて私の悩み3つ。
1) ひとに本棚を見られると恥ずかしい
2) すぐに読みたい本を手に取りたい
3)  再読しやすいように整理収納したい

買って読まないままの本、埋もれていませんか?うちには、読み途中の本がごろごろあります。どこにいったのでしょうか。読みたいけれど存在も忘れてしまっています。

自分だけがわかる「マイカテゴリー」で本を分類

読みたい本がわかるよう、再読しやすいようにするために、「マイカテゴリー」を設定して分類することにしました。「マイカテゴリー」を決めるときは、本を手に取った時のことや、読了後得たものを振り返ってみます。「自分に響く言葉で分類する」のがポイントです。

■片付けスイッチがはいる本
■模様替えがしたくなる本
■ハッピー&リラックスな本
■怒り悲しみに包まれたとき癒してくれる本
■ステージで輝くための本
■仕事がサクサク進められる本
■社会のしくみがわかる本

こんな風にマイカテゴリーを決めて、仲間のカテゴリーを集めて同色のブックカバーにします。「マイカテゴリー」はマスキングテープで棚に貼り付けました。

プチ「暗号化」された安心感。

本棚_隠す

本を並べてみました。爽快感があります。「プチ暗号化」できたな、とちょっと感慨深いものが。よく見れば、本のタイトルもわかってしまうし、マイカテゴリーを見られるのは照れます。でも、完全に隠している扉付きの本棚よりも、カーテンをかけた本棚よりも、さりげなくもちゃんと本棚らしいのです。自分にフィットしたちょうどいい本棚になったなと思います。

この本で何かが変わるかもしれない

今回、マイカテゴリー設定をしたことで、どこに、どんな本があるのか、私が見ればわかるようになりました。 感情で分類したことで、その時々の気持ちにフィットする本がすぐ手に取れそうです。 「私の周りには、こんなに頼もしい本たちがいて、見守ってくれているんだなあ」 と思えて、安心感も。これは一番の収穫です。 来客があっても、ぱっと見た感じではスッキリした部屋に見えて、 自分には、整理収納された勇気をくれる本棚になりました。 「この本で何かが変わるかもしれない」 そんな期待感に胸がふくらませて、 また新しい本を連れて帰ってきたくなりました。

インテリアと暮らしのヒントに関連する記事

賃貸・コンクリート壁OK!穴を開けない100均フックの検証

賃貸・コンクリート壁OK!穴を開けない100均フックの検証

穴が開けられない壁でもインテリアを楽しみたい!賃貸やコンクリート壁でも重さのあるものを飾る方法ってあるの?そんな疑問を100均のフックを使って検証してみました。その他穴を開けないフックもご紹介します。
賃貸・コンクリート壁OK!穴を開けない100均フックの検証の画像

すぐできるフィギュアのほこり取りとケースを使った飾り方の工夫

すぐできるフィギュアのほこり取りとケースを使った飾り方の工夫

かっこよく並べて楽しみたいフィギュアですが、時間が経つとほこりがたまってしまってしまいますよね。手軽ですぐにできるほこり取りのアイデアと、ケースを使ったほこり対策の飾り方をご紹介します!
すぐできるフィギュアのほこり取りとケースを使った飾り方の工夫の画像

「捨てられない」はインテリアに活用!空き瓶リメイクアイデア

「捨てられない」はインテリアに活用!空き瓶リメイクアイデア

レトロなインテリアや、暮らしの雑貨としてもリメイクできる空き瓶の使い道をご紹介。あれこれと使い方を考えることで、趣味も広がったり、物の大切さも気付けるように思います。
「捨てられない」はインテリアに活用!空き瓶リメイクアイデアの画像