哺乳瓶の煮沸消毒時間は菌の種類で変わる!消毒グッズも紹介

【目次】
哺乳瓶を煮沸消毒するさいのポイント
 そもそも哺乳瓶の消毒って必要なの?
 なぜ煮沸消毒?
 煮沸消毒の時間は何分?
哺乳瓶の煮沸消毒方法
 1.まずは専用のブラシと洗剤で
 2.鍋に水を入れて沸騰させる
 3.10分ほど煮沸
 4.水気を切り、ホコリが掛からない場所で保管
煮沸以外の消毒方法
 電子レンジ消毒グッズで
  ピジョン 電子レンジスチーム&薬液消毒ケース そのまま保管
  除菌じょーず
 薬液に浸けおき消毒
  ミルトン チャイルドプルーフ
  チュチュベビーつけるだけ
 消毒におすすめのグッズ
  リッチェルの哺乳瓶消毒保管セット
  哺乳瓶はさみ
  ミルトン 哺乳瓶洗剤
  哺乳瓶ブラシ
哺乳瓶の消毒で

哺乳瓶の煮沸について

1日何回もあげる赤ちゃんのミルク、その度に哺乳瓶を使うと思いますが、毎回哺乳瓶を消毒するのってかなり大変ですよね、それが夜中ともなるとかなり辛いです……。
今回はそんな哺乳瓶の消毒に関して、そもそも必要なのか?ということから、煮沸消毒の方法を中心として、電子レンジや薬液で消毒するおすすめのグッズまで紹介します。

哺乳瓶を煮沸消毒するさいのポイント

哺乳瓶の煮沸について

まずは哺乳瓶を煮沸消毒するうえでの理由と何分煮沸すればいいの?ということについて紹介します。

そもそも哺乳瓶の消毒って必要なの?

そもそも哺乳瓶の消毒って必要なのでしょうか?
生後1ヶ月程の赤ちゃんの免疫力が大人の30%ほどと言われているため、使うたびに哺乳瓶に飲み残しが無くなるように洗うこと、しっかり熱湯や溶液で消毒することによって雑菌を除菌することができます。

一方でアメリカの小児科学会などでは徹底した除菌は不要で、温かい水と洗剤で洗って自然乾燥させれば十分とも言われており、日本の一部の間でも毎回消毒する必要はなく1日1回で十分、瓶の中や乳首にミルクのカスをしっかりと洗い流すのが重要といった意見もあります。

その上で、それでも心配なので毎回消毒するという方は哺乳瓶を何本も用意しておくか、消毒の手間を如何に減らすのか?といった工夫をすることで正しく手抜きをしましょう。

なぜ煮沸消毒?

その上で哺乳瓶を消毒する方法には様々な方法がありますが、なぜ煮沸消毒が方法の1つとして推奨されているのでしょうか?

それは熱湯による煮沸消毒はどの家庭でも手軽にできる簡単な方法でありながら、粉ミルクで発生しやすいサカザキ菌やサルモネラ菌、またアルコールでは消毒できないノロウイルスといったものも消毒できるためです。

その他にも塩素系溶液やスチームによる加熱などが推奨されています。

煮沸消毒の時間は何分?

その上で煮沸消毒をする時間は何分程度なのでしょうか?
それは菌やウイルスによって変わると言われており、サカザキ菌やサルモネラ菌は90℃以上の熱湯で1分ほど、新型コロナウイルスに関しては80℃以上で10分ほどと言われているため、10分ほど煮沸するのがおすすめです。

哺乳瓶の煮沸消毒方法

それらを踏まえた上で、哺乳瓶を煮沸消毒する手順・方法を紹介します。

1.まずは専用のブラシと洗剤で

哺乳瓶の煮沸について

まずは専用のブラシや洗剤で哺乳瓶と乳首の部分をしっかりと洗っていきます。一般的なボトルブラシや洗剤でも構いませんが、すすぎ残しが心配な方は専用の物を使いましょう。

2.鍋に水を入れて沸騰させる

哺乳瓶の煮沸について

次に鍋に水を入れて沸騰させます。哺乳瓶全体が浸かるようにたっぷりと水を入れましょう。

3.10分ほど煮沸

哺乳瓶の煮沸について

沸騰したお湯に入れて10分ほど煮沸します。

4.水気を切り、ホコリが掛からない場所で保管

哺乳瓶の煮沸について

最後にキッチンペーパーや清潔な布巾などで水気を切って、ホコリが掛からないようにケースや口を下にして保管しましょう。

煮沸以外の消毒方法

煮沸消毒は何だかんだで手間が掛かって大変、もっと簡単な方法はないの?という方の為に電子レンジや薬液に浸け置くだけで消毒できるグッズを紹介します。
煮沸消毒と違ってコストはかかりますが、手間暇は減るため、忙しいママさんの助けになってくれるでしょう。

電子レンジ消毒グッズで

まずは電子レンジの消毒グッズです。

ピジョン 電子レンジスチーム&薬液消毒ケース そのまま保管

哺乳瓶と乳首の2つを電子レンジスチーム消毒と薬液消毒の両方に使えるピジョンの保管ケースです。
哺乳瓶を3つまで入れることができ、消毒後にそのまま保管することができ、縦置き・横置きのどちらでも保管することができる優れものです。
価格は2,000~3,000円ほどでAmazonや楽天でお買い求め頂けます。

除菌じょーず

除菌じょーずも哺乳瓶を3つまで入れることができて、哺乳瓶の乳首やキャップなどを同時にスチーム消毒することが出来ます。また小物ケースがついているため無くす心配もありません。
また安心の日本製となっているためその点が気になる方にはよりおすすめでしょう。

薬液に浸けおき消毒

おすすめの薬液消毒グッズです。

ミルトン チャイルドプルーフ

哺乳瓶・乳首を除菌する洗浄剤です。水2リットルに対して1錠溶かすだけでいいため計量の必要がありません。

チュチュベビーつけるだけ

こちらは哺乳瓶やベビー用食器、また果物や野菜といったものも溶液に浸けるだけで消毒できる優れものです。

消毒におすすめのグッズ

哺乳瓶を洗うさいにおすすめのグッズも紹介します。

リッチェルの哺乳瓶消毒保管セット

リッチェルの哺乳瓶消毒保管ケースセットは最大3本の哺乳瓶を保管することができ、小物ケースも入っていてぐちゃぐちゃになりづらい仕様です。
また溶液消毒をするさいには内側にメモリがついているため分かりやすいのと、哺乳瓶専用のはさみがついてくるため、とてもお買い得なセットになっています。

哺乳瓶はさみ

哺乳瓶はさみは除菌や煮沸をするさいに本体や乳首をつまみ上げるのに便利な仕様となっており、衛生的に哺乳瓶を扱えるアイテムです。

ミルトン 哺乳瓶洗剤

煮沸や電子レンジで消毒をするにしても、哺乳瓶のタンパク質の汚れなどを洗剤で洗ってから消毒をしましょう。そのさいに普段の食器用洗剤だと気になる方はミルトンの哺乳瓶専用の洗剤をおすすめします。

哺乳瓶ブラシ

哺乳瓶専用のブラシがあれば、本体だけでなく、フタ回りや乳首といった細かいところまで汚れを落とすことができます。赤ちゃんが直接口につけるものだからこそ、専用ブラシでキレイにするのはいかがでしょうか?

哺乳瓶の消毒で

哺乳瓶の煮沸について

赤ちゃんが使う哺乳瓶だからこそ、煮沸やグッズを使ってしっかりと消毒したいですよね。
哺乳瓶1つを消毒するにしても様々な方法があるため、家庭の家事方法にあったものやグッズをお選びください。

インテリアと暮らしのヒントに関連する記事

外出先で今すぐ出来るコーヒーの染み抜きの応急処置方法

外出先で今すぐ出来るコーヒーの染み抜きの応急処置方法

今回は出先で即効で簡単にできるコーヒーの染み抜き方法と、染み抜きをする前に確認しておきたい抑えるべきポイントを合わせて紹介します。ぜひ試してください!
外出先で今すぐ出来るコーヒーの染み抜きの応急処置方法の画像

時間がたったカーペットのコーヒー染み抜き方法は炭酸水や重曹で

時間がたったカーペットのコーヒー染み抜き方法は炭酸水や重曹で

今回はカーペットのコーヒーの染み抜きや時間がたった場合の方法、シミの原因を知ることで簡単に染み抜きが出来るのでぜひご覧ください。また絨毯やラグにも応用が可能ですので、ぜひお試しください。
時間がたったカーペットのコーヒー染み抜き方法は炭酸水や重曹での画像

コーヒーの染み抜き方法はクリーニング?それとも自分で?

コーヒーの染み抜き方法はクリーニング?それとも自分で?

今回はコーヒーの染み抜きをクリーニングに出すにあたって、事前に確認・やっておきたいことや、コーヒーの染み抜きにおすすめのクリーニング店を紹介しますのでぜひご覧ください。
コーヒーの染み抜き方法はクリーニング?それとも自分で?の画像