暮らしと趣味と。ニードルブックの作り方

手芸_おやつ

先日、趣味の手芸道具を収納しているとき、針の収納方法に困りました。
手縫い針、刺し子針、刺繍針、マチ針…手元には形も大きさも様々な針たち。
かさばらないように上手に整理して収納できたら…
そんな思いからニードルブックを手作りしてみました。
収納をしていて感じたことは、なくてもいいけれどあったほうが心地よい、ということ。
収納は「より良い」を叶えてくれる魔法なのかもしれません。

そんな思いから生まれた、ニードルブックの作り方をご紹介します。

ニードルブック

[材料]
・フェルト
※ポリエステル100%でも良いですが、針がさびやすくなるので、ウールが混合されたフェルトがおすすめです。
・ボンド
・針、糸
・ハサミ
・表紙用の布(お好みで)
・飾り用のひもやボタンなど(お好みで)

【作り方】
① 収納したい針を刺す部分を作ります
本を閉じる要領で作っていきます。
1.フェルトを12cm×8cmの大きさにカットします。
同じものを4枚用意します。

ニードルブック_フェルト

2.半分に折り、4枚を重ね合わせます。
3.まつり縫いで縫い合わせていきます。

ニードルブック_裁縫

針を通すのに力が要りますので、けがをしないよう気をつけてください。
このような形になります。
本のようになりましたでしょうか。

※下の写真のように4枚のフェルトを折らずに重ね、なみ縫いで合わせると、閉じたときに布の大きさにバラつきが出てしまうので、上のように一枚ずつ折り重ねた後にまつり縫いをするのがおすすめです。

② 表紙となる部分を作ります
1.表紙となるフェルト14cm×10cmをカットします。
針を刺す中身の部分より一回り大きく切ります。

ニードルブック_裁断

2.1.でカットした表紙用フェルトの上に貼る布を用意します。
表紙用のフェルトから上下左右1~1.5cmの折しろを残した大きさ(私は16×12)に切ります。

ニードルブック_布

四つ角は貼り付ける際に邪魔にならないよう、カットしておきましょう。
角ギリギリにカットせず、すこし余裕を持たせてカットすると良いです。

ニードルブック_裁断

3.表紙となる布と表紙用のフェルトを重ね合わせ、ボンドで貼り付けます。
これでニードルブックは完成です!
最後は、表紙の飾りつけになります。

③ お好みで表紙を飾り付け
先ほど完成したものをしばらく使っていましたが、ぱらぱらと開くのが気になったので、ボタンとひもを付けて閉じれるようにしてみました。

ニードルブック
ニードルブック

いかがでしたでしょうか。
思い思いのニードルブックはできましたでしょうか。
買うこともできるニードルブックだけれど、あえて手作りに挑戦してみる。
それは、自分好みにできるからというのもあるけれど、私は手を動かして作っている過程が好きだったりします。
思い描くものができないとき、まだまだスキルが足りないな、なんて悔しくなったり、習得した技術を取り入れてみて楽しくなったり…
なにかのため、いつかのために学ぶだけのではなく、目の前のことに心動かされながらも向き合い続ける時間は大切にしたいものです。

ニードルブック

インテリアと暮らしのヒントに関連する記事

外出先で今すぐ出来るコーヒーの染み抜きの応急処置方法

外出先で今すぐ出来るコーヒーの染み抜きの応急処置方法

今回は出先で即効で簡単にできるコーヒーの染み抜き方法と、染み抜きをする前に確認しておきたい抑えるべきポイントを合わせて紹介します。ぜひ試してください!
外出先で今すぐ出来るコーヒーの染み抜きの応急処置方法の画像

時間がたったカーペットのコーヒー染み抜き方法は炭酸水や重曹で

時間がたったカーペットのコーヒー染み抜き方法は炭酸水や重曹で

今回はカーペットのコーヒーの染み抜きや時間がたった場合の方法、シミの原因を知ることで簡単に染み抜きが出来るのでぜひご覧ください。また絨毯やラグにも応用が可能ですので、ぜひお試しください。
時間がたったカーペットのコーヒー染み抜き方法は炭酸水や重曹での画像

コーヒーの染み抜き方法はクリーニング?それとも自分で?

コーヒーの染み抜き方法はクリーニング?それとも自分で?

今回はコーヒーの染み抜きをクリーニングに出すにあたって、事前に確認・やっておきたいことや、コーヒーの染み抜きにおすすめのクリーニング店を紹介しますのでぜひご覧ください。
コーヒーの染み抜き方法はクリーニング?それとも自分で?の画像