家具のプロ監修!床・フローリングについた油性ペンの落とし方

床・フローリングについた油性ペンの落とし方

床・フローリングについた油性ペンを落とすときに方として、ネット上では「油」「バター」「オレンジの皮」「ベビーオイル」など提案されていますが、床についたべたべたを落とすのに苦労する上、あまり落ちないことがほとんどです。その理由は、油性ペン自体、これらの油分程度では落ちるようには作られていないから。今回ご紹介する方法なら、一時的に床のワックスを傷つけてしまうものの、正しく落とすことができます。

<落とし方の基本STEP>
STEP1 油性ペンのインクを浮かす
STEP2 メラミンスポンジで削り取る
STEP3 変色してしまった床を研磨する

用意するアイテム

・消毒液
・綿棒もしくはコットン
・激落ちくん

STEP1 油性ペンのインクを浮かす

消毒液でトントン叩いている画像

消毒液に含まれるアルコール成分が、床・フローリングに付着した油性ペンのインクと反応して浮き出てきます。この時、アルコールが床のワックスと反応して白く変色してしまうので、できる限り範囲が広がらないように綿棒などを使うと良いでしょう。広範囲に及ぶ落書きであればコットンでも致し方なしです。

STEP2 メラミンスポンジで削り取る

激落ちくんで落としている画像

激落ちくんで落としている画像

メラミンスポンジ激落ちくんを使って表面のシミを落としていきます。油性ペンのインクが完全に取れたら、しっかりと床を水ぶきして乾かします。
⚠注意点

メラミンスポンジ(激落ちくん)は汚れに絡みついて削り落とす研磨作用がある消しゴムのような物。力を入れてゴシゴシすると、壁紙を傷つけてしまう恐れがあるので、優しくこするようにします。

STEP3 変色してしまった床を研磨する

変色してしまった床を激落ちくんで研磨

時間が経過したとき、床・フローリングが白く変色していなければいいのですが、変色していた場合は、水を含ませた激落ちくん(メラミンスポンジ)で再度優しく研磨しましょう。そうすると、アルコールと反応して白くなってしまったワックスの部分が削り落とされて、元の色に戻ります。

無事に落とすことができました!

これだけ落とすことができました。これだけ落とすことができました。これだけ落とすことができました。これだけ落とすことができました。これだけ落とすことができました。
※削り過ぎてワックスが取れてしまった場合は、ワックスシートなどで再度床・フローリングのワックスがけを施せばお手入れ完了です。

手ごわい床・フローリングの油性ペン跡も落とせる!

いかがでしたか。時間が経てば経つほど落としにくくなる床・フローリングの油性ペン跡。一般的には推奨されない、アルコールを使った落とし方ですが、逆に白く変色してしまった箇所も研磨して落とすことで無事に元通りに補修できます。此方の方法は、除光液やアルコール消毒液を落としてしまったときにも使えるので覚えておくと便利かもしれませんね。

インテリアと暮らしのヒントに関連する記事

すぐできるフィギュアのほこり取りとケースを使った飾り方の工夫

すぐできるフィギュアのほこり取りとケースを使った飾り方の工夫

かっこよく並べて楽しみたいフィギュアですが、時間が経つとほこりがたまってしまってしまいますよね。手軽ですぐにできるほこり取りのアイデアと、ケースを使ったほこり対策の飾り方をご紹介します!
すぐできるフィギュアのほこり取りとケースを使った飾り方の工夫の画像

「捨てられない」はインテリアに活用!空き瓶リメイクアイデア

「捨てられない」はインテリアに活用!空き瓶リメイクアイデア

レトロなインテリアや、暮らしの雑貨としてもリメイクできる空き瓶の使い道をご紹介。あれこれと使い方を考えることで、趣味も広がったり、物の大切さも気付けるように思います。
「捨てられない」はインテリアに活用!空き瓶リメイクアイデアの画像

【検証】本当に落ちる?壁紙についた油性ペンの落とし方

【検証】本当に落ちる?壁紙についた油性ペンの落とし方

壁紙についた油性ペンの落とし方、結局どれが効果的なの?そもそも、ちゃんと落ちるの?と気になりますよね。今回は、ネットや書籍で紹介されていた5つの方法を試してみた結果をレポートして行きます。
【検証】本当に落ちる?壁紙についた油性ペンの落とし方の画像