通販でカーテン選び。インテリアでお部屋のおしゃれを楽しもう

カーテン

朝、目覚めて重たいまぶたを開いた時、部屋の雰囲気が、なんだかいつもと違っていました。やさしくてあたたかい朝日が、部屋全体に届いている。
そこでぼんやりとしていた頭が、先日の出来事を思い出します。
そうだ、カーテンを替えたんだった。

カーテン

長年使用しているロフトベッドからの光景が、とても爽やかで、けれど穏やかで。起きるには少し早い時間だったけれど、不思議と元気が湧いてくるようで。カーテンが替わっただけで、こんなにも朝が違って、気持ちも違うんだ…と、すっきりとしてきた頭で思いました。

お部屋に感じる“なんだかなあ”に目を向けて

カーテン ビフォー

在宅勤務も取り入れられてから、日中も家にいる時間が多くなり、自分の心地よい環境に整えたいと思うようになりました。小さい頃から、ほとんど家具の買い替えを行っていない自室。目についたのはカーテンでした。
私は中学生の時に通販で購入した、赤いロフトベッドを今も使っています。本当は、白いベッドが欲しかったのだけれど、赤だけが少し値下げしていたので…。
あまり自分のイメージカラーではない赤色。けれど、なんだか新しい自分と出会えたようで、わくわくとした新鮮さがあり、当時も、今もお気に入りのインテリアです。

そんな大きくて派手なベッドに対して、こちらも長年愛用しているのは黄緑色のカーテン。四葉のクローバーの刺繍が施してあります。単体では可愛らしいのですが、赤いベッドとの相性はというと…少し首を傾げてしまう、もやもやとするコーディネートでした。そしてもう、子供っぽいかも、おしゃれとは言えないかも、とも。
緑がかった日のひかりも、赤いベッドと合わせると、どうしても小さな不満が湧いてきてしまう様になりました。

はじめてのコーディネート。通販でおしゃれなカーテン選び

今の自分の求めるカーテン探しを始めると、はじめて意識してコーディネートをしようとしている事に気が付きました。赤いベッドはインパクトがあるから、インテリアとして主役になるように見繕えるといいのかも。柄物もとても素敵で、迷ってしまうけれど、あえてシンプルで大人っぽい部屋を目指してみたい。少しでも、おしゃれになってくれたら…。ししてできれば、朝は日のひかりを感じたい…。
家や電車の中でもインテリアを探すことが出来るのは、通販の嬉しいところ。たくさん見られる分、とても迷ってしまうのですが…。
そうしてたどり着いたのは、ベージュのリネン素材のカーテンと、ゴールドの刺繍が入ったレースカーテン。

カーテン アフター

蛍光灯の下で見たリネンのカーテンは、想像より色味がないように感じ、通販は実際に見ることができないから…と少しだけ残念に思ったのですが、それも束の間。
日のひかりを通すと、リネンの素材感やあたたかみが浮き出るようで、優しくも明るい日をお部屋に取り込んでくれる。スッと部屋に馴染み、赤いベッドとも、“ずっと一緒にいました”、なんて言っているみたいです。「空間が軽いって、こういうことなんだ」そんな気付きも与えてくれました。
レースに施されたモロッカンデザインの刺繍も、風に揺れるモビールの様で、ながめていると心が穏やかに感じられます。近くで見ても、遠くから見てもかわいらしくおしゃれ。チラチラと光るゴールドが良いポイントになってくれています。

コーディネートは、暮らしを変える

カーテンを替えただけで、朝の目覚めも、部屋に入った時の雰囲気も、“なんだかなあ”と思っていたものから、“いいなぁ”へと変わっていました。

コーディネートには、他の家具との調和性や、お部屋自体の軽さ、抜け感など…今思うといろんな言葉があると振り返りますが、こんな風に部屋への愛着が大きくなるとは思っていませんでした。
沢山考えて自分が選んだものによって、もやもやとした不満が自分にとって心地よく、素敵な形になること。それがお部屋をコーディネートする、ということのひとつなのかもしれません。そして、それはこんなにも毎日が明るくなりそうな楽しさを生んでくれるのですね。
現在一人暮らしを考えているのですが、自室がより心地よい場所になってしまったので、実家を出るのが惜しくなりそうです。デスクのライトやチェアなどのインテリアも、替えてみてもいいかもしれない。
でも、一からコーディネートする楽しさが待っていると思うと、一人暮らしへの期待が高まっていきます。自分なりの心地よいおしゃれな空間を、作り上げていきたいですね。

おしゃれな部屋に関連する記事

検証! 壁を傷つけないで実現するおしゃれインテリア・部屋づくり

検証! 壁を傷つけないで実現するおしゃれインテリア・部屋づくり

100均で見かけて気になっていた「インテリアウォールバー」。各種テープを組み合わせて使えば、壁を傷つけないで使えるのでは?と思いつき、おしゃれな部屋づくりができるか、検証してみました!
検証! 壁を傷つけないで実現するおしゃれインテリア・部屋づくりの画像

先入観がなかったからこそ選択できた、一人暮らしの街選び

先入観がなかったからこそ選択できた、一人暮らしの街選び

ご近所のカフェに初めて行ってみました。一人暮らしをするこの街のことをもっと知ろうとしたことで、この街の今の魅力と、先入観を持たずに住む街を選んだことが良かったのだと気づけました。
先入観がなかったからこそ選択できた、一人暮らしの街選びの画像

金欠になる、そしてバイトを始める。東京と一人暮らしと大学生2

金欠になる、そしてバイトを始める。東京と一人暮らしと大学生2

お金はない、けどお腹は空く、そうして働く意味を知る。東京で一人暮らしや大学生活を始めたときに、お金が無くなってお腹が空いて追いつめられることで、働くことの意味を知りました。
金欠になる、そしてバイトを始める。東京と一人暮らしと大学生2の画像