先入観がなかったからこそ選択できた部屋。一人暮らしの街選び

先日、この街で一人暮らしをするようになってから知り合ったご近所さんにおすすめされたカフェに行ってみました。
実は以前から気になっていたこのカフェ。会話に出てきたことで行くきっかけができ、カフェで過ごす時間のなかで、改めてこの街の魅力について考えていました。

古民家を改装したおしゃれカフェがご近所に

レンガ塀

最寄駅からは少し歩くのですが、一人暮らししている部屋からは案外近く。この道沿いを通りかかったこともあるのに気付かなかったのは、そのカフェがレンガ塀に囲まれた敷地内にあったから。敷地内には大正時代に建てられたという古民家が何戸か建っていて、そのうちのひとつがカフェ、もうひとつはレンタルスペースとなっていました。

この日、レンタルスペースでは、市内のパン屋さんが出張販売を行っていました。カフェに行く前に部屋の中を覗くとほとんど売れてしまっていましたが、せっかくの機会なので残っていた商品をいくつか購入していくことに。壁に掲示されていたイベントカレンダーを見ると、イタリアンレストランが出張してきたり、音楽のライブが行われたりと、このレンタルスペースではさまざまな催し物が行われているようでした。

続いてお目当てのカフェへ。こぢんまりとした部屋の壁面にも、勾配の急な階段で上がる2階にも、絵画が飾られています。ギャラリーも兼ねているカフェなのです。北欧風のシンプルでおしゃれなテーブルと椅子が置かれている狭い空間。その狭さが、逆に落ち着きを感じさせます。秘密基地にいるような気分です。
のんびりとケーキをいただきながら、「こんなに近くにステキな場所があったんだから、もっと早く来ればよかったな」などと考えます。

カフェ

一人暮らしの街選びの条件

職場への往復や週末のお出掛けの生活では都内に出ることが多いので、この街に住んでけっこう経つとはいえ、自宅近辺にお出掛けすることがありませんでした。コロナの影響で都道府県をまたいでの移動の自粛を求められていた頃、近隣を徒歩や自転車で散歩するようになったことで、やっと行けた場所や初めて知った場所が増えてきたのです。そういう意味では、窮屈に感じた自粛要請が、街のことをもっと知ろうとする良いきっかけになりました。

この街は東京近郊の県にあります。幼少期〜学生時代を過ごしたのと同じ県内ではありますが、実家から離れているため、もともと私にとって縁もゆかりもない場所。
それでもこの街に住むようになったのは、当時勤めていた職場へのアクセスが良いところ・同県内・家賃が安いなどを条件に一人暮らしできる部屋を探していたとき、偶然見つけたから。馴染みのない土地だったので、引っ越しを決めた当時はこの街に対する印象がまったくと言っていいほど、ありませんでした。

後から知ったのですが、「治安が悪い」「近隣の市に比べて知名度が低い」「チェーン店ばかりでおしゃれなお店がなくパッとしない」というような、マイナスイメージを持たれることが多い街だったようです。
それを知って「え〜、そうなの?」と少し寂しい気持ちになりました。 「私は好きだけどなぁ…」と。

河原

だって、都心に出るのにも案外アクセスが良いし。
適度に田舎で、自然も感じられるし。
都心のようなおしゃれ感はないけど、ある程度のお買い物ができるスポットも近くにあるし。
治安の悪さなんて感じたことはないし。

最初は、交通アクセスなどの条件面だけを重視してこの街・この部屋を選んだところもありますが、住んでみて気付いたこともあります。
今回行ったカフェのように、古い建物が地域の人たちをつなぐおしゃれ空間に改装されていたり。
モノづくりをするアーティストにアトリエ兼住居として使えるような賃貸の部屋を地元密着の不動産屋さんが用意していたり。
街のあちこちで、住民や大学生が自ら主催した小さなイベントが行われていたり。
街全体が、クリエイティブな雰囲気を作ろうとしているように感じられるのです。
外から来た人間である私には、世間に持たれているマイナスイメージを払拭しようと、古くからの住人と新しく移り住んできた人たちが協力しあって、いろいろな面白い試みをしているのかな…という印象に見えています。

先入観がなかったからこそ選択できたもの

もし「治安が悪い」という情報だけを先に知ってしまっていたら、「おしゃれな街」を重要視していたら、一人暮らしの住まいとして、この街を選んでいなかったでしょう。
先入観が何もなかったからこそ、選べたのかもしれません。
さらに、街のことを知ろうとしてアンテナを広げたことで、街の人の良いところも見えてきました。
交通アクセスや治安というような、わかりやすい条件面に目がいきがちな一人暮らしの部屋選び。もちろんそれらも大事ですが、先入観や世間のイメージにとらわれ過ぎずにいると、選択肢が広がるのかもしれませんね。

おしゃれな部屋に関連する記事

脱なんかダサい部屋!垢ぬけインテリアが作れる4大ルール

脱なんかダサい部屋!垢ぬけインテリアが作れる4大ルール

原因がどこかわからない”ダサい部屋”私ってセンスが無いから・・・そう思う方にこそ読んで頂きたい「おしゃれになる法則5選」なんかダサい部屋脱却のポイントをつかんで、脱なんかダサい部屋をしましょう!
脱なんかダサい部屋!垢ぬけインテリアが作れる4大ルールの画像

検証!壁を傷つけないで実現するおしゃれインテリア・部屋づくり

検証!壁を傷つけないで実現するおしゃれインテリア・部屋づくり

100均で見かけて気になっていた「インテリアウォールバー」。各種テープを組み合わせて使えば、壁を傷つけないで使えるのでは?と思いつき、おしゃれな部屋づくりができるか、検証してみました!
検証!壁を傷つけないで実現するおしゃれインテリア・部屋づくりの画像

金欠になる、そしてバイトを始める。東京と一人暮らしと大学生2

金欠になる、そしてバイトを始める。東京と一人暮らしと大学生2

お金はない、けどお腹は空く、そうして働く意味を知る。東京で一人暮らしや大学生活を始めたときに、お金が無くなってお腹が空いて追いつめられることで、働くことの意味を知りました。
金欠になる、そしてバイトを始める。東京と一人暮らしと大学生2の画像