捨てられない紙袋を簡単リメイク!紙袋のおしゃれな活用アイデア


■捨てられない紙袋は思い切ってリメイクする!

気付いたら増えていく紙袋やショッパー、断捨離をしていても捨てるのはもったいないし、紙袋のままで使う機会もあまりない...なんてことありますよね。
そんな紙袋は捨ててしまうよりも思い切ってリメイクしてしまうのもありかもしれません。
今回は簡単にできる紙袋のリメイクアイデアと、実際に皆さんが実践している活用法までご紹介していきます。

紙袋を溜めないコツは収納にある?紙袋の保管方法と簡単収納アイデア

 

■紙袋に新しい使い道を!紙袋をリメイクして活用する簡単アイデアを試してみた!

不器用ながら縫わない簡単な紙袋リメイクに挑戦してみました。
不器用な私でもできるということが逆に簡単さの証明になると思うので、ぜひ試してみてください。

 

・紙袋を収納に使う!仕切りボックスにリメイク

紙袋を持ち手で切って折りたたむだけで、質感のよさそうな仕切りボックスができてしまいます。
本当に簡単ですし幅広い用途で使うことができるので、かなりおすすめです。

紙袋収納ボックスの折り方

①持ち手の部分を切ります。

②紙袋のマチを開いて立たせた後、思い切りよく紙袋を内側に折り込みます。
この時に紙袋の上端が底につくくらいまで折り込んでしまって大丈夫です。

③折り込んだ部分にしっかり折り目を付けたら完成です

 

野菜室の仕切りに

野菜室の野菜たちを紙袋の収納ボックスで仕切って収納できます。
野菜って小さなカスが出たりしますし、そもそも土がついていたりと野菜室に直置きするのに気が引けてしまいますよね。
紙袋で収納してしまえば汚れても交換できて安心ですし、ごちゃごちゃしがちな野菜室に仕切りを入れられるので整理が進みます。

 

トイレのチョイ足し収納に

汚れても取り換えるだけなので、意外と困りがちなトイレの収納にも使うことができます。

 

ハンカチの収納にも

小さめの紙袋で作った収納ボックスにハンカチを収納してみました。
ハンカチを入れたら横少したるんでしまったので、折り目に割り箸を入れて補強したところかなり安定感が増しました。

袋を大きくすると衣類もタンスや棚の中で仕切って収納できそうです。

・基本となる紙袋の開き方

ここからは紙袋を開いてから活用するアイデアのみなので、紙袋の開き方についてもご紹介します。
『表がきれいなら大丈夫』をモットーに、大胆に開くことがコツです。

①②紙袋の底面ののりをはがします。袋によっては使わない部分なので、大胆にいっちゃいましょう。

③④側面ののりをはがします。表側がきれいなら大丈夫です。大胆にいっちゃいましょう。

⑤⑥側面ののりまではがせたらほぼ完成ですが、気になるようだったら持ち手の部分をはがしていきます。
ここはのりの接着が強固なので、今までよりは少し慎重にはがせると、表側に影響がないです。

・定番のブックカバーにリメイク 

縦24cm×横34cmは必要です

紙袋が開けたところで、紙袋リメイクの定番であるブックカバーに挑戦してみました。
今回は文庫本サイズで作ってみたので、参考にしてみてください。

 

紙袋でブックカバーの作り方

①縦24cm×横34cmにカット

②本に合わせて上下を折ります(上下4.5cm未満くらいを目安にしてください)

③右側を5㎝折ります

④折った右端に文庫本の表紙部分を差し込みます

 

⑤本に合わせて左側を折ります

⑥折った左端に文庫本の表紙部分を差し込みます

⑦完成です!

いや、紙袋の柄も相まってめちゃくちゃかわいくないですか。
紙の質感はそのままに派手過ぎずおしゃれにリメイクすることができました!

・簡単でかわいい!紙袋を封筒にリメイク!

縦21cm×横30cmが必要です

① 縦21cm×横30cmにカット

② 中央に軽く折り目をつけて、折り目に向かって左右を谷折りします。
このときに柄が表に見えるように折ってください!

③ 左右の上角を中央に向かって折ります

④ 合わせ目で下に向かって折ります

⑤ 下から1/3のところで折り目を付けます。

⑥ ⑤でつけた折り目に向かって左右の下角を折ります

⑦ ⑤の折り目のところで折り、上の角を食べさせるように差し込みます。

⑧ シールを付けたりアレンジをして完成です!

・舟形小皿にリメイク

縦25cm×横25cmで作成しました

テーブルの上で便利な小皿を作ってみました。

ちょっと手順が多いかもしれないですが、一度覚えてしまえば簡単に作れるので卓上のちょっとしたトレーとして活用してみてください。

① 好きな長さで正方形になるようにカットします

② 柄が出ないように半分に折ります。

③ もう一度半分に折ってから戻すことで折り筋を付けます。

④ 折り筋に向かって四つ角を折ります。このとき上2つの角は重ねずに折りましょう。

⑤ 上半分を下に向かって折り下げます。

⑥ ④で折らなかった上2つの角を山折りします。

⑦ 山折りしてたたみます。

⑧ 左右の端を寄せるようにして一度開きます。

⑨⑩ 開いたら六角形になるように左右をたたみます

 

⑪ 上下を半分に折って戻します。

⑫ 左右の角を少しだけ内側に折ります。

⑬ ⑫までで重なっている角を両側へ開きます。

⑭ ⑪でつけた折り筋で立ち上がるように形を整えたら完成です!

■こんな活用法も?Instagramに上がっていた紙袋をおしゃれにリメイクするアイデア

自分で試してみることにも限界があったので、Instagramの中で紙袋をリメイクしておしゃれに活用している方の事例をお借りしてきました。

 

・必需品のマスクケースにリメイク!

Instagram @sachie_63様

sachie_63様は紙袋をマスクケースにリメイクしています。
いまや生活で必要なシーンも多いマスクケースですが、もとが紙袋とは思えないおしゃれさです。
型自体はキットで販売されているらしく、縫うことにハードルを感じている方でも試しやすいアイデアなのかなと思いました。

 

・紙袋はうちわにしてもかわいい

Instagram @lovefeuille様

lovefeuille様はお土産にいただいた紙袋をうちわにリメイクしています。
紙袋の紙質がうちわとしての機能を損なわず、それでいて自分好みの柄にできるのがいいアイデアですよね。
このお土産袋はどこに売っているのでしょうか。

・ブランドのショッパーをポーチにリメイク

Instagram @erica_zubora様

erica_zubora様はブランドのショッパーをポーチにリメイクしています。
やっぱりブランドのロゴって唯一無二ですし映えますね!

100均で売られているファスナーと両面テープで張り付けるだけの簡単な紙袋のリメイクアイデアです。

 

■紙袋を再活用するリメイクでお気に入りを手元に置いておこう

今回は紙袋の簡単にできるリメイク法をご紹介しました。
本当に簡単で手軽なリメイクのアイデアだったからこそ、実際にリメイクをしてみて楽しかったです。
試してみて感じたこととして、折れ目がないきれいなリメイクをしたいのであれば、どうしても紙袋の大きさが必要にはなりそうです。小さい紙袋でもできるような紙袋の活用法も探していきたいですね。

リメイク術ももちろんこれだけではないので、自分で楽しめる範囲で紙袋を再活用してみてくださいね。

インテリアと暮らしのヒントに関連する記事

100均ダイソーで隠す収納ボックス&浮かせる壁掛けアイデア!

100均ダイソーで隠す収納ボックス&浮かせる壁掛けアイデア!

100均ダイソーやセリア・キャンドゥから厳選したおすすめのアイテムで、散らかったWIFIルーターやモデムの配線コード周りをすっきり整理できる隠す収納法や壁掛けして浮かせるアイデアや事例をご紹介します。
100均ダイソーで隠す収納ボックス&浮かせる壁掛けアイデア!の画像

お手軽なハンドソープの浮かせる収納で洗面台をぬめりから守ろう!

お手軽なハンドソープの浮かせる収納で洗面台をぬめりから守ろう!

100均でできるハンドソープの浮かせる収納アイデアをご紹介。ハンドソープは洗面台に直置きすることでぬめりが出てしまいます。毎日の生活で欠かせないハンドソープを浮かすことで洗面所を清潔に保ちましょう!
お手軽なハンドソープの浮かせる収納で洗面台をぬめりから守ろう!の画像

【ベッドサイド収納】おしゃれアイテムで心地のいい寝室に

【ベッドサイド収納】おしゃれアイテムで心地のいい寝室に

お家のなかで心休まる場所の一つの寝室、快適な空間にするカギはベッドサイドの収納にあります。おしゃれで便利なアイテムを使って、狭くても心地のいい素敵な寝室にしましょう。
【ベッドサイド収納】おしゃれアイテムで心地のいい寝室にの画像