入居前に予防する掃除|新居だからこそ汚れ防止をしよう

家の設計やリノベーション、内見などを経て、ようやくおわった引っ越しの手続き。あとは念願の新居へ荷物を動かすだけ・・・!入居前だと新築や築浅の物件だと掃除は必要ないと思われる方も多いでしょうが実は、あたらしい物件でも掃除はしたほうがいいです!そして、入居前の今しかできない汚れ防止の掃除もご紹介。新居で心地よく過ごすため、汚れ防止で心地よく過ごすのに、いまできることをお伝えします。

*キッチン編~入居前の汚れ防止掃除~

キッチン周りの汚れ防止はまず初めに気が回るところですよね。やはり水回りは毎日使うところ。同時に細かい部品やすき間も多いエリアですから、事前準備なく汚れ防止をしないまま使い始めて仕舞えば、汚れが溜まってしまう事も考えられます。まずはじめに汚れ防止したい場所です

*冷蔵庫キズ防止マットを敷く~入居前の汚れ防止掃除~

例えば一般的な冷蔵庫の重量は50kgほど。中身を入れてずっと置いておくと、クッションフロアーは小さくへこんでしまいます。賃貸であったりすると退去時にそのへこみの原状回復が必要になる場合も。そんなときは冷蔵庫キズ防止マットが入居時から用意してあると汚れ防止が出来ます。

*コンロの隙間カバー~入居前の汚れ防止掃除~

スッキリとした見た目のビルトインコンロは、埋め込まれているからこそ綺麗な一方、どうしても隙間が生まれてしまいます。その隙間に食材カケラや調味料が入り込んで、気づかぬうちにガンコな汚れへと進化してしまうのです。小さなごみが溜まりやすいコンロ周りには隙間ガードをぐるっと巻いてげましょう。そうすれば溜まっていく汚れ防止することが出来ます。

 

*コンロの排気口~入居前の汚れ防止掃除~

サカナ料理などをするときにつかうグリル。煙の排気口の多くはコンロの奥についています。

ですが、グリルを使わないときに役目はなく、しかもフライパン料理で飛ぶ油が網のカバーに付着して取りにくくなったりして気持ち悪くなりがち。メッシュ仕様になっている排気口は、油でギトギトに汚れてしまうと掃除するのに大変です。

また場合によってはこぼれ落ちた食材などが排気口の中に入ることもあるので、汚れを手入れする場所が増えてしまう事もあります。

そんな時におつたえしたいのが排気口カバー。さっと乗せるように取り付ければ排気口の汚れ防止をしてくれます。

 

*洗面所・おふろ編~入居前の汚れ防止掃除~

*水回りの汚れ防止フッ素コーティング~入居前の汚れ防止掃除~

水道に含まれるミネラル分が固まったものが水垢として残ります。洗面台の表面に水道水が残ったまま放置されると、水分は蒸発しますが、このミネラル分が固まることで白い水垢がこびり付いてしまいます。そうなると少々汚れが目立ちますよね。シンクや洗面台の表面をコーティングして、汚れを落ちやすくしてくれるグッズがあります。

 フッ素やシリコンでできた樹脂が表面を覆うことで撥水性が高まり、水ハケが良くなる汚れ防止アイテムです

*マスキングテープを貼る~入居前の汚れ防止掃除~

浴室ドアのコーキング、カビの生えやすい洗面台、油の飛ぶコンロ周りなど、目立ちがちで頑固な汚れがつきやすいところにマスキングテープを貼るだけで、それらの汚れ予防に。

マスキングテープの記事はこちらで詳しくご紹介しています

引っ越し|マスキングテープでする新居の汚れ防止対策

*防虫対策~入居前の汚れ防止掃除~

新居での害虫対策も実は大切なステップ。油断しがちですが、引越しの前後でも虫の侵入は起こります。旧居から物を運び込んでしまうと虫害をうけてしまったり効果が薄くなることも。それではここまでした汚れ防止の意味が薄れてしまいます

*バルサン~荷物が無い時に燻煙して防虫対策~~入居前の汚れ防止掃除~

引越しの時、新居でバルサンをつかった防虫対策をするのであれば、荷物を搬入する前がおすすめ。虫害の心配をなくしてから、新居に心地よく荷物を運び込みましょう。

*室外機に防虫キャップをつける。~入居前の汚れ防止掃除~

室外機からの虫の侵入も意外と多い案件。新築の家では室外機に防虫対策がされていませんから、防虫対策もお忘れなくしてください。

*おふカビ対策~入居前の汚れ防止掃除~

忘れてはいけないのが新居の防虫防カビ対策。ペットや家具を搬入する前だからこそできる対策はまとめて済ませてしまいましょう。

*防カビくん~入居前の汚れ防止掃除~

「おふろの防カビくん煙剤」は、「ライオン(LION)」が発売する防カビ燻煙剤。防カビ成分を含んだ煙が、浴室内全部に行きわたることによって黒カビの発生を防ぐ製品です

防カビくんの主成分は、銀イオン(Ag)で「体に触れても問題ない」「つんとしたにおいがしない」といったメリットがあります。

*バイオ お風呂のカビきれい カビ予防 (交換目安:約6カ月)~入居前の汚れ防止掃除~

浴室の天井中央に取り付けることにより、バイオがカビや悪臭の原因となる物質を抑える防カビ剤です。取り付け方も簡単で、天井にテープで張るだけ。ヒトの胃腸管にも存在「バチルス菌」がカビを抑制するオーガニックなカビ予防剤です。

*そのた 緩衝材の設置~入居前の汚れ防止掃除~

どの住宅にも言えることですが、扉などが開いた際、壁に当たる場所の保護は大切です。壁紙などが損傷しないようにちいさな緩衝材を取り付けている事が多いと思いますが、自分で購入をした家具・家電などが壁に干渉する場合は、自らで設置する必要があります。100均でも購入できる小さなアイテムは、新居への汚れ防止で実施しておきましょう。

入居前の汚れ防止掃除のまとめ

いかがでしたでしょうか

新居へ入る前に汚れ防止でやっておきたい事がたくさん出てきましたね。ただの汚れ防止のみならず、傷予防と言ったことも新居では大切。

新居での汚れ防止の掃除をしっかり行って、新生活を快適に進めていきたいですね

参考になれば幸いです

インテリアと暮らしのヒントに関連する記事

外出先で今すぐ出来るコーヒーの染み抜きの応急処置方法

外出先で今すぐ出来るコーヒーの染み抜きの応急処置方法

今回は出先で即効で簡単にできるコーヒーの染み抜き方法と、染み抜きをする前に確認しておきたい抑えるべきポイントを合わせて紹介します。ぜひ試してください!
外出先で今すぐ出来るコーヒーの染み抜きの応急処置方法の画像

時間がたったカーペットのコーヒー染み抜き方法は炭酸水や重曹で

時間がたったカーペットのコーヒー染み抜き方法は炭酸水や重曹で

今回はカーペットのコーヒーの染み抜きや時間がたった場合の方法、シミの原因を知ることで簡単に染み抜きが出来るのでぜひご覧ください。また絨毯やラグにも応用が可能ですので、ぜひお試しください。
時間がたったカーペットのコーヒー染み抜き方法は炭酸水や重曹での画像

コーヒーの染み抜き方法はクリーニング?それとも自分で?

コーヒーの染み抜き方法はクリーニング?それとも自分で?

今回はコーヒーの染み抜きをクリーニングに出すにあたって、事前に確認・やっておきたいことや、コーヒーの染み抜きにおすすめのクリーニング店を紹介しますのでぜひご覧ください。
コーヒーの染み抜き方法はクリーニング?それとも自分で?の画像