プレゼントで受け取った気持ちも一緒にしまうイヤリング収納

いただきもののお菓子の箱。
自分のためにはなかなか買う機会のない少し高級そうなお菓子は、パッケージがキレイで、せっかくいただいたのだからという気持ちもあってすぐに捨てるには忍びなく、その時点ですぐに使いみちがなくても、ついつい取っておいてしまいます。
大掃除をしているなかで、そんな箱たちがいくつか出てきました。数年間とっておいたけれど出番がなかったものたちを、今回は思い切って処分することにしましたが、しばらくとっておいた理由のうちのひとつ…それは、アクセサリー、とくにイヤリングの収納に使うかもしれないと思っていたからです。

イヤリングやノンホールピアスの収納…悩みませんか?

イヤリング

私はピアスの穴をあけていないので、イヤーアクセサリーはイヤリング派。なかでも、ノンホールピアスを好んで選んでいます。バネ式のイヤリングは、耳タブの厚みに合わせてネジで調節できるはずなのに、それでも痛くなってしまったり、痛くならないようにゆるめに調節するとイヤリングが落ちてしまったり…と、悩むことが多かったのです。ノンホールピアスを選び始めた頃は、「この細いシリコンだけで、ちゃんと耳に留まるのかな?」と不安でしたが、試してみると、私の耳には合っているようです。

でも、お店のアクセサリーコーナーに並んでいる商品は、イヤリングやノンホールピアスよりも、ピアスの方が種類が多い気がします。だから「このデザインでノンホールピアスがあったらいいのにな…」と思うこともしばしば。あるときからは、手芸屋さんや100円ショップで、ノンホールピアスのパーツや丸カン、手芸用のペンチを買い揃え、自分でピアスのパーツをノンホールピアスに変更するようにもなりました。

そうして少しずつ増えていったノンホールピアスやイヤリングの収納に、いつ頃からか、キレイなお菓子の箱を使うようになりました。それまでは、バネ式のイヤリングを使っていた頃も、ノンホールピアスになってからも、イヤリングの収納はいろいろ試行錯誤していました。細かく仕切られたプラスチックのアクセサリーケースを使ってみたときは、ケースを持ち運ぶ際に仕切りに当たってガシャガシャと音がして、アクセサリーそのものに傷がつかないかと気になっていました。普通のピアス用の、引っ掛けたり穴に通したりしてインテリアのおしゃれも兼ねた収納ができるようなものは、イヤリングの収納には向かなそう…。見せる収納自体も、アクセサリーにホコリがかぶってしまいそうで、避けたいと思っていました。

いただいたお菓子の箱で、受け取った気持ちと一緒に収納

イヤリング収納

以前、友人からちょっとしたプレゼントで高級チョコをもらったとき。4粒のチョコレートが収まっていたその小さな箱を捨ててしまうのがもったいない気持ちになったこともあり、悩んでいたイヤリング・ノンホールピアスの収納にしてみようと思いつきました。

ちょうど家にあった緩衝材を箱の内寸に合わせて何枚か切り、箱の高さに合うように重ねて入れ、縦に何本か切り込みを入れて、完成。その切り込みにノンホールピアスの耳に挟むパーツの部分だけを差し込むと、ケースのなかで動くことがなく、箱ごと持ち歩いても、アクセサリー同士が激しくぶつかり合って傷つくこともありません。切り込みを入れる本数や幅を、手持ちのイヤリングの大きさや数に合わせることもできるフレキシブルさもいいところ。おいしくいただいた4粒のチョコレートに代わって愛用のイヤリングやノンホールピアスが収まると、そのプレゼントをくれた友人から受け取った気持ちも、そのまま残しておけるような気がしました。

その数年後、イヤリングやノンホールピアスを買い足していくうちに、この小さな箱にはすべて収まらなくなってしまったので、その頃にいただいたチョコレートの箱にお引越ししました。緩衝材より見た目がよくて、クッション性とフィット感がある素材はないかなぁと探した結果、今度の箱にはメラミンスポンジを使用してみました。メラミンスポンジと聞くと生活感を感じますが…アクセサリーをたくさん収納してしまえばパッと見はわからないし、誰に見せるわけでもないし、箱自体はステキ! もう少し見栄えを良くするなら、スポンジの上に薄手のフェルトを敷くのもいいかもしれません。

みなさんは、イヤリングやノンホールピアスを、どんなふうに収納していますか?
ステキなアイデアがあったら、ぜひ教えてください!

アクセサリーに関連する記事

誰も泣いていない腕時計を身につけたい、新しいモノの選び方

誰も泣いていない腕時計を身につけたい、新しいモノの選び方

「おしゃれ!」アクセサリーを手に取る瞬間って胸が高鳴りますよね。だけど、誰かの悲しみの上で生まれたものだったら…。身につけるたびに自信に触れる腕時計は1つのモノの選び方を教えてくれました。
誰も泣いていない腕時計を身につけたい、新しいモノの選び方の画像