可愛い!自分の気持ちに正直に、初めて通販でお洋服を選んだら

ブラウス

「もっと、いろんな服を楽しんでもいいんじゃない?」
もらった一言に、立ち止まって考えることがありました。
帰ってから、クローゼットを開けてみるとたしかに、白や黒など単色で無柄、シンプルなものが多い。
どれも似通っていて、「あれ?こんなに同じようなものばかり買っていたのね…」自分に驚きました。
知らず知らずのうちに、“私にはこういうものが合う”と決めつけてしまっていたのかもしれませんね。

白と黒のチェック柄のブラウスに惹かれて…

それでも、「わぁ可愛い…こんなお洋服着てみたいな」と、思うことは多くありました。
その一つが、白と黒のチェック柄のブラウス。
チェック柄は小学生ぶりだったのですが、街ですれ違った人がとても素敵なチェック柄のブラウスを着ていたので、思わず私も着てみたくなってしまったのです。
だけど、ピンとくるものがなかなか見つからず、探し続けて一年ほどが経っていました。
それでも諦めず探し続け、見つけたのは、通販でした。(正確に言うと、SNSから見つけて通販へ、でした。)

だけど、ここで壁がもうひとつ。
私、通販でお洋服を買ったことがなかったのです。
着てみないと、素材感や色が肌や顔色に馴染むかわからない…と長年挑戦してこなかったのです。
そして、お店でお洋服を見ることも私にとって、一つの楽しみでした。
目の前に広がる色々なお洋服を見て、気になったお洋服の素材をちょこっと触る、あの時間が大好きだったのです。

一年以上探してもなかった好みのものが目の前に…、でも通販でお買い物はしたことない、もし着なくなってしまったら…、ああでもあと1点と書いてある…!頭の中はぐるぐるしていました。

お洋服にはどんな思いが?
引き込まれる、初めての通販の世界

ブラウス_お花

ひとまず、どんなお店なのか、どんな思いがお洋服に詰められているのか見に行こうと、公式HPにお邪魔させていただきました。
そこには、昭和25年創業の国内自社工場で、一つ一つ手をかけて丁寧につくられていること。
長年愛され、着続けられる服として天然素材を使用していること。
着るほどに体になじみ、自分らしく育てられるもの。
言葉と写真が並ぶ世界に、どんどん引き込まれていきました。
「経年変化を楽しめるお洋服。そんな思いから作られたお洋服なら…」
頭の中を占めていた迷いが、小さく、小さくなっていきました。

HP上の言葉や写真に浸りながら、お洋服を選ぶ時間は新しく、お店で選ぶときとはまた違った感覚に、通販でのお買い物の魅力に惹かれていきました。
素材に触ることはできませんが、お洋服をズームし、目と言葉を頼りに、「あ、あのさらさらとした感じかな」と記憶を辿っていくことは、新しい発見と心躍る時間でした。
目と言葉。今までは触れれば分かると何気なく触れ、あまり気に留めてこなかった素材のことを「知りたい」と好奇心が掻き立てられたのは、小さな扉が開いた瞬間でした。

もらった一言が見せてくれた先は…

「もっと、いろんな服を楽しんでもいいんじゃない?」
もらった一言から、今まで「可愛い!」と思っても見て見ぬふりをしてきたお洋服を選ぶこと、通販でのお買い物と、世界が一気に広がっていきました。
久々に感じた、お買い物の前のドキドキするような感覚。
それは、子どもの頃にもらったお小遣いを握りしめて、初めて駄菓子屋さんに行った時のよう。
何が良いかまだ分からないけれど、食べたいと思ったものを選ぶ。
そうして、少しづつ世界を広げて知っていく。

ちょっとの勇気、ちょっとの挑戦、たまには良いのかもしれませんね。

服に関連する記事

【展示レビュー】長く使えて飽きないおしゃれとは?砂漠の民の暮らしと手仕事

【展示レビュー】長く使えて飽きないおしゃれとは?砂漠の民の暮らしと手仕事

とある美術展示を通して、日常のおしゃれを考えます。厳しい自然環境での暮らしをコーディネートする、鮮やかな洋服や布たち。長く使えて飽きがこないものとは、例えばどんなものを思い浮かべるでしょう。
【展示レビュー】長く使えて飽きないおしゃれとは?砂漠の民の暮らしと手仕事の画像

年齢とファッションの難しい関係。自由におしゃれを楽しむには

年齢とファッションの難しい関係。自由におしゃれを楽しむには

偶然見かけた高齢女性の素敵なファッション。「私はこんなおしゃれなオトナにはなれそうもない」と思ってしまっていたけれど、身近な女性の生き方に、“年齢を重ねても自由な未来”へのヒントがありました。
年齢とファッションの難しい関係。自由におしゃれを楽しむにはの画像