出しっぱなしカトラリーが便利!引き出しがないキッチン収納術

日々の食事で使う、お箸やカトラリーはどのように収納していますか?
しまってきっちり収納したり、出しっぱなしで見せる収納をしたり。だけどどちらの場合も重視したいのは、やはり使いやすさや整理のしやすさが大事だと思います。

特に一人暮らしの狭いキッチンや、引き出しがない場合に参考にしたい、出しっぱなしOKのカトラリー収納のコツとアイデアをご紹介します。

引き出しがないキッチン。お箸やカトラリーはどうやってしまう?

スプーン フォーク

スペースの限られたキッチンでは、キッチン用品の収納場所に困ることも。
そうしたときに、毎日使うお箸やカトラリーの置き場所はどこにするのがいいのでしょう。

まずは、狭いキッチンでのお箸やカトラリーの収納のコツをまとめてみました。

立てる?寝かせる?

収納できるスペースや、取り出しやすい場所に合わせて収納方法を検討しましょう。
キッチン周りで高さのある空間や戸棚の中にしまう場合は、立てて収納がおすすめ。コップやカトラリースタンド、箸立てを置くスペースがあればすぐにできます。
高さのない棚や引き出しでは、寝かせて収納がおすすめ。ケースやトレーを使うと、取り出しやすく整理がしやすいです。

立てて収納するときの向きってどうしたら?

厳密に決まりはありませんが、カトラリーは柄(え)を下にすることが多いようです。フォークやスプーンなどのカトラリーは柄よりも先の面積が広いので、取り出すときに引っかからないように、という目的もあると思います。
お箸も厳密な決まりはありません。箸立ては底に汚れやほこりが溜まるのでは、という点では、先を上向きに。一方で取り出すときの衛生面を考えて、持ち手側から取り出しやすいように、という場合もあります。飲食店では、持ち手側から取り出すことが多いですよね。
よって、どちらも決まりがないから、使いやすいのが一番なのかもしれません。

出しっぱなしでもすっきり見せるポイント

長さをそろえる

お箸やカトラリーの長さはものによってそれぞれ。だけれどバラバラの長さのものを同じ場所に集めると、使うときに取り出しにくいのです。
立てる場合も、寝かせる場合も、長さの近いものをそろえて収納してみましょう。

色や素材を統一する

とくにカトラリーは木製、金属、陶製など素材は様々。まとめて収納するのもいいけれど、引き出しがないキッチンでは、色や素材でまとめて収納するとよりスッキリ見えます。

収納雑貨の素材選び

ワンコインの手軽なものから、雑貨屋さんなどに置いているちょっとおしゃれなものまで。キッチン周りのインテリアに合わせてカトラリーケースやスタンドを選ぶのも楽しいですよ。

気になるほこりの侵入を防止

食品を扱うキッチンだし、お箸やカトラリーは食事で使うものだから、収納時にも衛生面には気を付けたいもの。
トレーを使って寝かせて収納する場合は、蓋つきのケースや布巾を活用するのがおすすめ。布巾で包むようにすると安心です。
カトラリースタンドや箸立てを使う場合は、定期的にきれいに洗って、汚れやほこりが溜まらないように注意しましょう。

狭いキッチンでの、お箸、カトラリーの収納アイデア

木製カトラリーの収納アイデア

棚や引き出しがない狭いキッチンでは、食器や雑貨の収納場所も迷いがち。そんな暮らしでも使いやすい、お箸やカトラリーの収納アイデアをまとめてみました。

いつも使う食器と一緒に

引き出しがないキッチンではカトラリーケースで収納

食器と一緒に収納する場合は寝かせて収納がおすすめ。高さをそろえることで、すっきり整って見えます。
またスタッキングできるケースがあれば、同時に整理もできますよ。お箸やカトラリーは食事のたびに使うものだから、1つの場所にまとめておくと使いやすいです。

<食器棚を使わない、キッチン雑貨と食器の収納アイデア>

キッチン雑貨と食器の収納法~一人暮らしに食器棚はいらない~

シンクまわりに

毎日使うものは、取り出しやすくて、すぐに使える場所に。先ほど紹介したスッキリ見せる方法を使えば、ごちゃごちゃも抑えられます。
吊るし棚やワイヤーネットを使って棚を作り、収納スペースを確保すれば、引き出しがなくてもカトラリーの収納が叶います。

キャスター付きのキッチンワゴンに

引き出しがなく、収納スペースが狭いキッチンでは、なにかと置き場所の確保が難しいですよね。
そういった場合におすすめなのは、キャスター付きのキッチンワゴン。新たに収納スペースを作るのはいかがでしょうか。いつも使う食器や調味料を入れておけば、必要に応じて移動させながら限られたスペースを有効活用できます。

また、引き出しと同じように仕切りを付けて収納することもできます。ほこりが気になる場合は、布を掛けるなどの工夫をするのがいいですね。天板つきのワゴンを活用しても◎

<キッチンワゴンを使った省スペース収納のアイデア>

キャスター付きキッチンワゴンで省スぺ収納

ダイニングテーブルに

食事の際にそのまま使える出しっぱなし収納。寝かせる収納ケースでも、立てる収納でも、選ぶ雑貨によってカフェのようなカトラリー収納が実現します。
テーブルの下に吊るし棚をとりつけても、使いたい時にサッと取り出せて使いやすいですよ。

出しっぱなしでもおしゃれ!カトラリー収納のおすすめ雑貨

ワンコインで手軽にそろう収納雑貨もあるけれど、いつもよりほんの少し丁寧に素材から選ぶのもよし。
スペースがなく出しっぱなしでも、キッチン周りのインテリアに合わせて、おしゃれなカトラリー収納が実現できるかもしれません。

木製のケース

木目のインテリアが多い場合は、素材感を合わせてみるのはいかがでしょうか。こういった木製のケースは、スタッキングできるものが多いよう。布巾と合わせると、カフェ風のカトラリーケースになります。
複数そろえたらキッチンまわりだけでなく、ペンなどの文房具収納としても活用できます。

陶製の箸立て

一般的な陶器の食器と同じ素材だから、キッチンまわりや食器の隣においても、見た目の統一感があります。
手持ちのカップなどで代用するのもよいでしょう。
シンプルなデザインなら、収納するものはお箸もカトラリーもどちらも合いそう。カトラリー立ての色を分けて、収納するものを分類するのもよさそうです。

ステンレスのカトラリースタンド

ざっくり入れたいステンレス製。しっかり丈夫な素材で、万が一ぶつけたり落としたりしても大丈夫です。
安定感もあるので、カトラリーだけでなくキッチンツールの収納にも活用できます。

<引き出しがないキッチンでも大丈夫。キッチンツール収納アイデア>

お玉の場所別収納アイデアとキッチンツールおすすめ収納グッズ

ジャーや瓶、マグカップ

立ててカトラリーを収納する際には、ジャーを活用してカフェ風にチャレンジしたり、お手持ちのマグカップなどを活用してもかわいらしく、おしゃれに収納することが出来ます。

引き出し

無印良品や100均の引き出し収納ケースを使うのもおすすめ。棚の中や、シンク下などにも活用できます。

扉裏

@moyashicafe 様

シンク下の観音扉の裏、冷蔵庫の横といったデッドスペースを活用してできる、カトラリー収納。こういったアイデアなら、引き出しやスペースがなくても新しい収納場所を作ることが出来ますね。

まとめ

ここまで狭いキッチンや、引き出しのないキッチンでのカトラリー収納をご紹介しました。
お箸やカトラリーは食事のたびに使うもの。おしゃれなインテリアも大事にしたいけれど、取り出しやすさ、使いやすさを重視して選ぶのもよいと思います。

スペースを有効活用して、使いやすいキッチンと、暮らしの導線整えるヒントになったら嬉しいです。

食器・キッチン用品 ・キッチン雑貨に関連する記事

お気に入りはおしゃれに見せる!ティーカップの収納アイデア

お気に入りはおしゃれに見せる!ティーカップの収納アイデア

毎日のマグカップや目に入るところに置きたいティーカップを、見せる収納で使いやすく、インテリアのように暮らしを彩るひとつとして見てみませんか?収納時の簡単なポイントや使わないカップの活用もご紹介します。
お気に入りはおしゃれに見せる!ティーカップの収納アイデアの画像

食器の収納どうしてる?見せる収納で快適キッチン空間づくり

食器の収納どうしてる?見せる収納で快適キッチン空間づくり

普段使いの食器や、飾っておきたい食器は、見せる収納なら使いやすく&ディスプレイとしても素敵に魅せることに繋がります。気になるほこりや地震対策も一緒に、食器の見せる収納アイデアをご紹介していきます。
食器の収納どうしてる?見せる収納で快適キッチン空間づくりの画像

セリアですっきり!カトラリー収納|ぴったりフィットを目指して

セリアですっきり!カトラリー収納|ぴったりフィットを目指して

引き出しを開けた時、すっきりとまとまったカトラリーが目に入ったら、使う時も収納時も気持ちがいいですよね。今回は100均セリアの商品でできる、シンデレラフィットを目指したカトラリー収納をご紹介します。
セリアですっきり!カトラリー収納|ぴったりフィットを目指しての画像