食器棚の代わりになるものを紹介!キッチンを快適にするヒミツ

食器棚_いらない_代わりになるもの_ラック

食器棚っている?いらない?今まで食器棚がある生活って当たり前だったけれど…そんな風に考えたことはありませんか。キッチンが広くなかったり、金銭的に手が出しにくかったりと、悩む理由は様々だと思います。もし、食器棚の代わりになるもので快適に生活できるのであれば、食器棚にこだわらなくてもいいのかもしれませんね。
そこで今回は、「食器棚はいらない!」という選択をした方々に、どのように食器をしまわれているのかをインタビューしてみました。食器棚のない暮らしを選んだ方たちの意見を参考に、ご家庭に食器棚はいるかいらないかを想像してみてくださいね。

ワンルームの一人暮らしは雑貨を活用して代用しよう!

まずは、ワンルームのアパートで一人暮らしをしている伊藤さんにお話を伺いました。

伊藤さん(以下伊):一人暮らしを始めた当初は、どこに食器を収納するかとても悩みました。でも、ワンルームだと部屋も広くないので食器棚を置くスペースは確保できないなと思って、買う選択肢は最初からなかったような気がします。

そう言って見せてくれたのは、シンク下の扉の中。扉を開けるとカゴやラックなどの雑貨できれいに整頓された食器たちが顔をのぞかせます。

:100均でプラスチックのケースを買ってきて、そこに食器を収納しています。底にタオルを敷いて、ちょっと雑に片付けても割れる心配はないようにしました。あとはラックを使って収納スペースを増やしたことで、思ったよりもたくさん収納できたなって。

おそろいのケースで揃えると見た目も美しいですし、整頓されていてどこに何があるかがわかりやすいですね。シンク下と聞くとジメジメとしたイメージがあったのですが、こうも素敵に整頓されているとそんな嫌なイメージも吹き飛びますね。

:確かに最初は抵抗があったので、洗ったあと水切りかごに入れてそのままだったんですけど、だんだん食器も増えてきちゃって、さすがに片付けたいなと(笑)
直接置くのは嫌だったので、ケースに収納することにしたんです。ケースを使ったことで食器の定位置ができて片付けもしやすくなったような気がします。食器棚の代わりになるものがプラスチックのケースって結構驚きですよね。

キッチンのシンク上にも収納はあるのですが、背が低い伊藤さんは毎回踏み台を持ってきての取り出しになるのが大変だから、普段使いの食器はシンク下に収納することを選んだそうです。もし背の高い人でしたら、シンク上の扉に収納してもいいですね。
雑貨を上手に使うのが、一人暮らしで食器棚がいらない暮らしを快適にするコツのようです。

食器棚がないからこそ、家族みんなが笑顔になれるキッチンに

次にお話を伺ったのは、幼稚園に通うお子さんが二人いる橋本さんファミリーです。

橋本さん(以下橋):二人目ができたタイミングでこのマンションに引っ越したんですけど、思っていたよりもシステムキッチンの収納がたっぷりあったので、食器棚を買うのは後回しにしたんですよね。そのまま今に至るんですけど、特になくても不便じゃないのでこのままいらないかなって思っています。

システムキッチンの引き出しを上手に活用して食器を収納している高橋さん。収納方法にはこだわりがあるようです。

:毎日使う家族分の箸や茶わんはいちばん上の引き出しに。料理を盛る大皿はその下の引き出しに。そして、たまにしか使わない食器類は思い切って吊戸棚に閉まっています。たまにしか使わないなら、取り出しにくくてもいいかなって割り切っています。
毎日使うものはここって決めたおかげか、たまにしかキッチンに立たない旦那もここを開けると茶わんがあるって覚えてくれて、いちいち「どこにあるの?」って聞かれないのが地味に嬉しいですね(笑)

食器棚を買って収納場所を増やさなかったからこそ、どこに何をしまっているのかの把握がしやすいのかもしれませんね。

:あと、食器棚を置くはずだったスペースがまるっと空いているので、子供が二人キッチンに来てもそれほど邪魔にならないのも嬉しいですね。お手伝いしてくれるって気持ちは嬉しいのに、キッチンが狭いと邪魔に思うこともあるじゃないですか。スペースが広いと心にも余裕が生まれるのかもしれません。

本来食器棚を置くスペースにちょこんとあるのは、キャスターの付いた小さなワゴン。お子様のおしぼりやお弁当箱などが並んでいます。

:やっぱり子供が増えると必要なものって増えるので、ちょっとだけ収納を増やしたくて食器棚の代わりになるものとしてワゴンを買いました。キッチンでいらないってなっても別の場所で使えそうでいいなって。

転勤が多い人はあえて代わりになるものを選択するのが大正解かも

最後に伺ったのは、転勤で引っ越しをすることが多いという林さん夫婦です。

林さん(以下林):最初は食器棚を持っていたんですけど、その次の転勤先が遠方だったこともあり、持って行くのも大変だったので思い切って手放しました。それからは、食器棚の代わりになるものとしてオープンラックを使っています。あえて幅の狭いものを選んだので、その後の転勤先ではどんな部屋でも置けるのでとても便利で助かっています。

見せてくれたラックは幅が50cmしかない小型なラック。デザインもおしゃれなのでキッチンに置けない場合はリビングに置くこともあるそう。でも、こんなに小さなラックに食器は収まるのでしょうか。

:最初は全然収まりませんでしたよ(笑)でも、よく考えると、たくさん食器があってもいつも使っているのってごく一部だけなんですよね。なので、引っ越しのたびに減らして、だんだんとお気に入りのものだけが残っていきました。おかげで前よりも引っ越しの荷造りも荷ほどきもとても楽ですよ(笑)

オープンラックに並んだ食器はお気に入りというだけあって、素敵な食器が並んでいます。上手に編み籠を使って見せる収納と隠す収納をおしゃれに取り入れているのも、リビングに置いても違和感のない理由のひとつかもしれません。

:食器棚いらないんじゃないって旦那に言われたときはそんなことないって思ったんですけど、結果的に手放したことによって食器だけじゃなくて他の雑貨も本当に必要かな?って見つめ直すきっかけになったと思います。物がたくさんあることが暮らしやすさではないってことに気付けました。

食器棚はいらない!という選択。

ここまで、ライフスタイルも異なる3名の方に話を伺っていくなかで、ちょっとした工夫で食器棚の代わりになるものはたくさんあることが分かりました。食器棚のない暮らし。それは、「狭いから仕方なく…。」というより、むしろ、すっきりとしたキッチン作りに役立つアイデアなのかもしれません。皆さんも、自分にとって本当にお気に入りの食器を選んで、実現する「持たない暮らし」から新生活をスタートしてみるのもいいかもしれませんね。

食器・キッチン用品 ・キッチン雑貨に関連する記事

お気に入りはおしゃれに見せる!ティーカップの収納アイデア

お気に入りはおしゃれに見せる!ティーカップの収納アイデア

毎日のマグカップや目に入るところに置きたいティーカップを、見せる収納で使いやすく、インテリアのように暮らしを彩るひとつとして見てみませんか?収納時の簡単なポイントや使わないカップの活用もご紹介します。
お気に入りはおしゃれに見せる!ティーカップの収納アイデアの画像

食器の収納どうしてる?見せる収納で快適キッチン空間づくり

食器の収納どうしてる?見せる収納で快適キッチン空間づくり

普段使いの食器や、飾っておきたい食器は、見せる収納なら使いやすく&ディスプレイとしても素敵に魅せることに繋がります。気になるほこりや地震対策も一緒に、食器の見せる収納アイデアをご紹介していきます。
食器の収納どうしてる?見せる収納で快適キッチン空間づくりの画像

セリアですっきり!カトラリー収納|ぴったりフィットを目指して

セリアですっきり!カトラリー収納|ぴったりフィットを目指して

引き出しを開けた時、すっきりとまとまったカトラリーが目に入ったら、使う時も収納時も気持ちがいいですよね。今回は100均セリアの商品でできる、シンデレラフィットを目指したカトラリー収納をご紹介します。
セリアですっきり!カトラリー収納|ぴったりフィットを目指しての画像