和紙でハンカチをラッピング。お礼やお返しに、心をのせた贈り物

ハンカチ 贈り物

卒業や転職のタイミングに。ちょっとしたお礼に。気取らないハンカチは、日常の何気ない贈り物のひとつ。けれどそんなハンカチも、気軽に受け取ってほしいなと思う半面、実はもうひとさじ。気持ちを添えたいときもありませんか?

そう思っていたときに私が出会ったのは、半紙でハンカチを包む、贈り方でした。手包みのあたたかさはあるのに、特別凝っていないシンプルなラッピング・・・。気持ちが見え隠れする奥ゆかしさが、ほっとするのでしょうか。このラッピングなら、ささやかな気持ちも、そっとのせて、贈り物とともに運んでくれるかも。本のアイディアを参考に、私なりにアレンジを加えてみました。

お礼やお返しに。和紙に気持ちをのせよう

和紙 ラッピング

“和紙で贈り物を包む“。ちょっと渋いかも、と思っていたのですが、ギフトボックスや、カラフルなリボンと同じくらい、素敵に包むことができますよ。
手がふれたときに感じたのは、ほっとするようなあたたかな気持ち。和紙にもたくさんの種類がありますが、そんな優しい風合いが特徴的ですよね。一般的な包装紙とは一味違う柔らかさは、一緒に折りこむハンカチにも馴染んでくれそうです。

ご紹介するのは、ハンカチをちらりとのぞかせ色をみせる、着物の襟元をイメージした包み方。この「におい」というみせ方は、奥ゆかしく気持ちを伝えるのにぴったりだと思います。
これからラッピングの仕方を一緒にみていきましょう。

好きな和紙で、ラッピング

用意するもの
・贈りたいハンカチ ・好みの和紙

ハンカチは薄手のものや、タオル素材のものも包むことができます。和紙のサイズは、薄手のハンカチなら四つ折りにしたサイズに対して、一回り大きいくらい。やや縦長に調整してあげると折りやすいですが、個人的にはB4の大きさがおすすめです。

和紙は100円ショップや、文房具屋さんで購入することができますよ。今回は薄手のものを包んでみました。

表にして完成です!

ハンカチ ラッピング 贈り物 プレゼント

サプライズでハンカチのなかにそっとメッセージカードや、ギフトカードなどを忍ばせると、 “粋” という言葉がより似合いそうです。色の違う和紙を差し込んだり、重ねたりして「におい」のみせ方にこだわってみても、アレンジが効いて美しさが増します。

渡す前に、ひと工夫

一方で配慮したいのは、ハンカチが直にふれられる状態になっていること。和紙で包んでから、さらに透明袋でラッピングするなど、相手に渡すときの気遣いができるとよりいいですね。

こころを贈る、贈り物

ハンカチで伝えるささやかな思いも、ほっとする和紙と手包みのあたたかさで、より気持ちののった贈り物になる気がします。たくさんの素敵なラッピング方法がありますが、和紙の奥ゆかしさにふれてみるのも素敵かもしれませんね。

本のご紹介

今回参考にさせていただいたのは、こちらの本。ハンカチのようにカジュアルな贈り物から、フォーマルなシーンでも活躍するラッピング方法を紹介されている本です。気になる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

『和のこころを伝える 贈りものの包み方』
著:折形デザイン研究所
出版:誠文堂新光社

お礼・お返しに関連する記事

サーフィンが趣味の兄へ初めてのプレゼント。色々な想いのお返し

サーフィンが趣味の兄へ初めてのプレゼント。色々な想いのお返し

僕にはサーフィンが趣味の兄がいます。小さい頃から僕の趣味や生活において大きな影響を与えてきた存在です。ある時、今までの感謝やお礼を込めて、お返し・プレゼントを贈りました。そんな時のお話しです。
サーフィンが趣味の兄へ初めてのプレゼント。色々な想いのお返しの画像

日頃のお礼やお返しに、アレンジ封筒でプレゼントする図書カード

日頃のお礼やお返しに、アレンジ封筒でプレゼントする図書カード

日頃のお礼やちょっとしたお返しに、図書カードのプレゼントはいかがでしょう。より特別な贈り物にしたいときにおすすめしたい、ひと手間加えたおしゃれなアレンジ封筒の作り方を3種類ご紹介します。
日頃のお礼やお返しに、アレンジ封筒でプレゼントする図書カードの画像