ふかふかのクッションラグが、私の趣味時間を支えるインテリア

クッションラグ

みなさんは好きなことや、夢中になってしまうようなことはありますか?
私は最近、ハンドメイドのアクセサリー作りを始めました。きっかけは、オフィスのカフェスペースで休日の過ごし方について、話をしていたことから。思えば休日は、ぼんやりと過ごしてしまっている。私もなにか夢中になったり、楽しめるような趣味を持ってみたいな、と思うようになった場でした。

そんな時に、友人と「旅行に行くなら、おそろいのものがあるとより気分が上がりそう!」という会話が盛り上がり。洋服? 雑貨? アクセサリー...? といろいろ考え、「それならば!」と、以前から興味のあった、自分のイメージを自由に形にできるハンドメイドに挑戦しようと決めました。

◆ふかふかなクッションラグに作る、私のアトリエ

いざ始めた私の作業場所は自室の床。厚く、クッション性のあるラグの上です。デスクやローテーブルもあるけれど、思いついたタイミングでいろいろ広げて、勢いのまま始めてしまう私は、広げやすい床、ラグで作業をしがち。

一人分の小さめなサイズのラグですが、そこいっぱい、あるいはちょっとはみ出たスペースが、私のアトリエとなるのです。

◆夢中になる時間を支えるインテリア

どの組み合わせにしようかな? とパーツを並べている時間は、あっという間です。ピンとくるデザインが決まると、あれを買わなきゃ! こんなのがあると素敵になりそう! と欲しいパーツが見つかり、買い足したりを繰り返し。すぐに完成できないのはもどかしいですが、じっくりとひとつのアイディアに向き合っているようで、その時間も楽しい。
友人に、こんなのどう? と、写真を送ったりもして。本当は完成品を渡してから、反応を楽しみたいと思うのですが、つい、気になってしまうのです。
工具を使っての制作風景は、さながら職人の様で気分が上がり、更に意欲が溢れていきます。
ながら見しようと思って付けていた映画も、気付けばだいぶ話が進んでしまっている。

こんなに集中していたんだな、と思った時にふと気付くのは、お尻や膝があまり痛くないこと。座布団などラグの上に敷くものを増やさなくても、ふかふかのラグ一枚で床の上を過ごしていました。
ラグの上を胡坐をかいたり正座をしたりと、いろいろな体勢で楽しんでいたようです。
小さなパーツを落としても、ふかふかなラグの上では、テンッテンッ…と弾んでどこかに行ってしまう心配もありません。毛足も短いから、「あったあった」とすぐに見つけられるのも、集中できるポイントなのかも。

◆好きな時間をより快適にするインテリア選び

いつもは完成品を選ぶお気に入りのアクセサリーショップで、覗くだけだったパーツを買うようになったり、並んだアクセサリーや雑貨を参考にしたりと、楽しみ方も増えました。
まだまだ始めたばかりで簡単なものしか手を出していないけれど、これから少しずつ道具やパーツも増やして、いろんなイメージを形にしていきたい。アクセサリー以外にも、雑貨など広く作れるようになったら、日常がお気に入りのもので溢れていきそうです。

使いやすい収納ケースや、道具をみつけるのと同じように、インテリアも好きな時間を支えてくれるようなものを選べると、その時間がより心地良いものになるのでしょうね。
クッションラグも、いつまでもふかふかで、趣味時間の相棒のような存在でいてくれたらいいな、と思います。

みなさんも、インテリアを選ぶときは、趣味時間の過ごし方を気にしてみるのはいかがでしょうか。

ファブリック・布に関連する記事

集めがちなエコバッグや布バッグ、収納方法を試してみました

集めがちなエコバッグや布バッグ、収納方法を試してみました

より身近になったエコバッグ。特にかわいい布バッグはサブバッグとしても活躍してくれるから、つい数が増えがち。畳んで重ねてしわになってしまったエコバッグたちを簡単に手に入る雑貨を使って収納してみました。
集めがちなエコバッグや布バッグ、収納方法を試してみましたの画像

童心に帰る私のファブリック雑貨。グレーのふっくらラグ

童心に帰る私のファブリック雑貨。グレーのふっくらラグ

一人暮らしを始めて一ヶ月。お部屋の印象を決めるファブリック雑貨に、グレーのラグを選びました。友人たちにほめてもらった嬉しさも、変わらぬ空気を運んできてくれたあたたかさも取り入れられる家を目指したいと思うのでした。
童心に帰る私のファブリック雑貨。グレーのふっくらラグの画像

閉め忘れたカーテンに教えてもらった、ゆったり過ごす朝

閉め忘れたカーテンに教えてもらった、ゆったり過ごす朝

カーテンを閉め忘れたまま寝てしまった翌朝、眩しい朝日によって鈍っていた心の完成のスイッチが押された気がしました。
少し開けていたファブリックの隙間から漏れる朝日は、いつもと違った景色を見せてくれました。
閉め忘れたカーテンに教えてもらった、ゆったり過ごす朝の画像