玄関リースの付け方!賃貸でもクリスマスリースを楽しむ方法

クリスマスリースに季節のスワッグ、お正月にはしめ縄など、玄関のドアに掛けたいドア飾りはたくさんあります。帰宅の際や、来客時にも玄関にリースがあると華やぎ、気持ちもあたたかくなりますよね。
こちらの記事では、リースのドアへの付け方と、取り付けの際の注意点についてご紹介していきます。

◆ドアにリースを飾る方法

・ドアリースの付け方①マグネットフック

マグネットが取り付けられる玄関ドアなら、取り付け、取り外し簡単なマグネットフックがお手軽です。100均のダイソーやセリアでも、強力のマグネットフックが販売されています。

マグネットの跡が心配な時は…

マグネットフックを使用すると、玄関ドアにマグネットの擦れた跡や、長期間の付けっぱなしによる跡がついてしまう事も。予防として、マグネットにマスキングテープや、薄めのフェルトを貼っておくことをおすすめします。強度の高いマグネットなら、フェルトをはっても問題なくリースを付けることができます。
100均にあるシールタイプのフェルトが使い勝手がよく、おすすめです。

ドアリースの付け方②粘着フック

木製のドアに取り付けるには向きませんが、凹凸のない素材のドアには粘着フックもおすすめです。

粘着剤の跡が心配な時は…

粘着材がドアに張り付いてとれない…!という事態を避けるために、貼りたい場所にマスキングテープを貼っておくのがいいでしょう。その上から粘着テープを貼れば、直接粘着剤がドアにつかずに飾ることが出来ます。

ドアリースの付け方③ドアリースフック

ドアの上部にひっかけるタイプのフックを使って、リースを飾る付け方です。フックが落下する可能性がほとんどないので、重たいリースや、大切なリースには最適な付け方ができます。

我が家のドアに使えるかチェック

せっかくリースハンガーを買っても、ドアが閉まらなかったり、開け閉めのたびにフックごと動いて、傷を付けてしまいがっかり…ということも起きてしまいます。そうならないために、しっかり事前に玄関ドアの【厚み】とドアと上部のドア枠の【隙間】を確認してから、フックを選びましょう。

また、ドアの傷予防には、フックの裏にフェルトを貼っておくといいですね。

ドアリースの付け方④ワイヤーやテグスで、内側から吊るす

フックをドアの内側に逆さ向きに取り付け、ドアの上から外にワイヤーやテグスを渡します。渡ったワイヤーやテグスにリースを下げる付け方です。
リースが少し不安定な飾り方になってしまうため、リースの裏側や、ドアの上側など、見えづらいところにテープなどを貼り固定すると安心ですね。
リボンなどで可愛らしく吊るしてもおしゃれです。

◆ドアリースを付ける際の注意点

フックの耐荷重をチェック

ドアリースを付けるフックの耐荷重を必ずチェックしましょう。軽いリースを付ける場合は問題ないかもしれませんが、マグネットや粘着フックは、ふとした際に落ちてしまう事も。本格的なリースなら、4kgほどあるものもあるため、要注意です。

リースによるドアの傷を予防しよう

ドアの開け閉めや風により、リースがドアにあたり、傷を付けることもあります。その防止策として、リースの裏にリースパットを取り付けたり、フェルトをカットして取り付けたりして、衝撃を和らげる方法をおすすめします。

◆室内で楽しむドアリース

リースはドアの外に付けて飾る、というのが一般的のように思いますが、もちろん部屋の中でも楽しむことが出来ます。両面に飾っても素敵!外に飾れない場合や、中でも楽しみたい方の参考になると嬉しいです。

ドアの内側で楽しむ飾り方

リースは付け方は外と同じで、マグネットや粘着フックなどを活用して楽しみましょう。お部屋の中に飾る分、天然素材のリースも長く楽しむこともできそうです。ドアに手を掛けて家を出る瞬間さえ心躍るドア飾りになりますね。

立てかけてたり置いて飾るリース

ラティスやイーゼル、コルクボードなどを使って立てかけても素敵な玄関インテリアに。壁に穴を開けたくないお家でも、立てかけるだけなので可愛らしく飾ることが出来ますよ。

◆我が家を楽しむ玄関のドア飾り

玄関のドアリースの付け方、参考になりましたでしょうか。
クリスマスやハロウィン、お正月のしめ縄、春のリース。飾りたいリースやボードはたくさんあります。けれど、付け方がわからず諦めてしまっていたら、とてももったいないですよね。玄関のドアにリースがあるだけで明るくなる暮らしがあるのなら、ぜひチャレンジしてみてください。
外と内を繋ぐ大切な玄関を、素敵に飾れますように。

インテリア雑貨・飾りに関連する記事

大切なぬいぐるみの捨て方と捨てるときの注意点

大切なぬいぐるみの捨て方と捨てるときの注意点

今回はぬいぐるみを処分するときの捨て方と注意点をご紹介していきます。大切にとっておいたぬいぐるみも、生活の変化や、また収納状況によってお別れする時がきます。そんな時に晴れやかな気持ちでお別れができるよう、今回の記事がお役に立ちましたら幸いです。
大切なぬいぐるみの捨て方と捨てるときの注意点の画像

吊り下げ収納!100均で出来るぬいぐるみハンモックの作り方!

吊り下げ収納!100均で出来るぬいぐるみハンモックの作り方!

今回は吊り下げ収納ハンモックを使ったおしゃれな収納方法を、手順と事例でお伝えしていきます。場所を取らず100均のアイテムでもできるものばかりなので、みなさんの参考になれば幸いです。
吊り下げ収納!100均で出来るぬいぐるみハンモックの作り方!の画像

ぬいぐるみ入れのおしゃれな魅せ方♡オリジナルワゴン収納も!

ぬいぐるみ入れのおしゃれな魅せ方♡オリジナルワゴン収納も!

たくさんのぬいぐるみは、入れるだけでかわいくおしゃれに収納できるのが嬉しいですよね。お掃除や移動、見え方も素敵な収納や、100均で簡単にかごやバスケットをワゴンにするアイデアをご紹介します。
ぬいぐるみ入れのおしゃれな魅せ方♡オリジナルワゴン収納も!の画像