【シンク下収納100均】セリア・ダイソーで整うキッチン収納

シンク下収納_セリア

Instagram:minapon1018 様

湿気、油汚れ、収納スペースの取りづらさなど、何かと課題の多いキッチンのシンク下収納。その中、100均アイテムを用いて、キッチン周りの小さなストレスを解消する人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、課題が多いシンク下の収納を、100均でおなじみのセリアやダイソーで手に入れることができる“かゆい場所に手が届くような”アイテムを中心にご紹介していきます。

キッチン周りの小さなストレスを解消した、快適な場所に仕上げるきっかけになれば幸いです。

◆あなたの家のシンク下はどっちのタイプ?

キッチンのシンク下は、「観音開きタイプ」と「引き出しタイプ」2タイプがあります。ここからはシンク下のタイプ別に、セリア・ダイソーといった100均アイテムを中心に、収納スペースの作り方と、キッチンがすっきり整うアイテムをご紹介していきます。

①キッチンのシンク下「観音開きタイプ」

まずは、観音開きタイプのシンク下収納方法です。このシンク下タイプの収納のコツは、デッドスペースになりがちな奥行きや高さをいかに活用するかが最大のポイント。シンク下の裏扉も最大限利用して、使いやすいキッチンに近づけていきましょう。

・〈セリア〉鍋蓋ラックで蓋の置き場所を確保!

まず最初にご紹介するのは、100均・セリアの「鍋蓋ラック」です。使う頻度が高いけど、何かと置き場所に困るフライパンの蓋。定位置を決めてあげると、調理中のちょいおきにも丁度よくて使い勝手がぐんと上がります。

気になる耐荷重は約1kgで、約16~24cmのフライパンの蓋をおくことができますよ。蓋の重みでぐらつくことはないのですが、蓋を裏扉に収納する分、中の収納スペースが少し減ってしまうので、シンク下収納に余裕のある方にぜひ試して欲しいセリアの100均アイテムです。

・〈ダイソー〉ワイヤーネットで扉裏収納の容量アップ

シンク下収納_ダイソー

Instagram:ot.jak 様

こちらは、100均・ダイソーの「ワイヤーネット」をアレンジした収納アイディア。ダイソーやセリアのバスケットを組み合わせれば、ot.jak 様のような多機能的な収納スペースを作ることができます。使用頻度の高いアイテムを、必要な時にさっと取りたい!という方にぴったりな収納アイディアです。

ダイソーのワイヤーネットは、正方形と長方形かつ豊富なサイズ展開で、セリアでも「ワイヤーラティス」という商品名で似たアイテムをゲットすることができますよ。ワイヤーネットの設置は、100均にて購入可能な、賃貸でも設置できるフックがおすすめです。気になる方は、ぜひ以下の記事を参考にしてみてくださいね。

壁に穴を開けないフックは何がある?ダイソー・セリア100均編

・〈セリア〉賃貸でも!吸盤で吊るす収納を実現

こちらは以前、SNSで話題となった100均・セリアの「マルチバー」。貼ってはがせる吸着シートがついていて、空気を抜きつつ貼り付けるだけなのでとっても簡単なんです。フックをかければ、キッチンツールの収納スペースとしても大活躍。掃除用のスプレーボトルを引っ掛ければ、扉を開ける度に目につき、掃除に意識が向きやすそうですよね。

凸凹のないプラスチック・タイル・ステンレス製の壁面に接着してくれて、耐水性も抜群。耐荷重は1kgなので、フライパンの蓋をかけると落ちてしまいますが、軽いものなら便利に収納することができますよ。

・〈ダイソー〉組み合わせ自由なラックでシンク下すっきり

Instagram:ot.jak 様

100均でラックをお探しなら、ダイソーの「ジョイントラック」がおすすめです。こちらは、「棚板・ポール・固定部品」の3つのパーツ・部品を使って組み立てて使います。耐荷重は棚全体で10kg。一般的なフライパンや小鍋は約1kg、小皿はガラス製のものは500gほどなので、10kgだと十分な収納ができそうです。ot.jak 様のように、自宅のシンク下の広さや高さに合わせて組み立てると、使い勝手の良いシンク下スペースが実現できますよ。

棚板は、大きさによっては300円のものも。購入する前に、自宅のキッチン下収納のサイズを測ってみるのがよさそうです。カラーは、シルバー/ブラック/ホワイトの全3色展開。ボックスなどを用いて、小物をカテゴリごとにまとめれば、すっきり整った収納に近づけられそうです。

・〈100均〉つっぱり棒で天井に収納スペースをプラス

シンク下収納_100均

Instagram:ot.jak 様

あまりがちなシンク下の天井は、セリアやダイソーで手に入る100均アイテム「つっぱり棒」がおすすめ。100均のつっぱり棒を2本使用し、シンク下のデッドスペースで魅力的な収納を実現ができちゃうんです。ボックス収納はもちろん、フライパンの蓋やサランラップなどの置き場にもなりそうです。

②キッチンのシンク下「引き出しタイプ」

シンク下の収納が引き出しタイプの場合、開けた時の見栄えの良さや、取りやすさ、そしてずれないかどうかが、整った収納実現のための重要ポイント。

調味料やビニール袋、掃除用具など、カテゴリーごとにまとめて収納してあげるとごちゃついた印象がない、整ったキッチンスペースを作ることができますよ。

セリアやダイソーの100均の商品は、メインの収納はもちろん、隙間やちょっとした空きスペースなどを埋める“かゆい所に手が届く”アイテムが多く揃っています。

・〈ダイソー〉ファイルボックスでカテゴリごとにすっきり収納

シンク下収納_ダイソー

引き出し収納は、ファイルボックスを複数用いると、すっきりとした収納が叶いやすくおすすめです。ボックスのカラーを揃えれば、ごちゃつきがちなシンク下でモノトーンな収納が叶いそうです。

ファイルボックスは、無印良品のものが有名ですが、100均・ダイソーでも、似たアイテムをゲットすることができます。100均アイテムであれば、たくさん買っても値段が抑えられるのがとても嬉しいですよね。

・〈セリア〉小物入れとして大活躍なミニボックス

シンク下収納_セリア

Instagram:minapon1018 様

生活感の出る小物は、蓋を取らずに中身をサッと取ることができる、100均・セリアのプルアウトボックスがおすすめ。セリアのプルアウトボックスを部分使いすると、minapon1018 様のような、ホワイトを基調としたすっきり整った魅力的な収納スペースを実現。

セリアのプルアウトボックスは3サイズ展開で、水切りネットやスポンジから輪ゴムといった小さいものまでまとめることができます。パッケージが生活感溢れるというお悩みをお持ちの方は、100均・セリアのボックスに入れ替えてみてもいいかもしれません。

・〈セリア〉消耗品収納ケースで、袋の取りやすさに革命

シンク下収納_セリア

Instagram:minako.kawano 様

引き出しタイプのシンク下収納は、隙間にちょっとしたスペースが余りがちですよね。100均でお馴染みのセリアで手に入る「キッチン消耗品収納ケース」は、そういった空きスペースを埋めつつ、ジップロックやビニール袋を入れて、minako.kawano 様のような使い勝手といった実用性を確保しつつ、すっきりとした収納を実現できます。整ったキッチンのシンク下収納にするのには、欠かすことのできない100均の優秀アイテムです。

・〈100均〉扉裏のデッドスペースはフックで解決

折角こだわるなら、キッチンシンク下の引き出し扉裏も有効活用してみたい。そんな人は扉裏にフックを複数設置して、使用頻度の高いアイテムをかけておくのが最適。

セリアを含め、100均では賃貸でも使える、壁を傷つけないフックが揃っています。ワイヤーネットを紹介している所で、フックの特集記事を載せていますので、ぜひ参考にしてみてください。

◆収納する前に!湿気やカビ対策できてる?

排水管が通っていて、湿気がこもりやすいキッチンのシンク下のスペース。掃除をする回数が少ないからこそ、事前に湿気やカビ対策をしておきたいもの。もしまだ対策していない場合は、手軽に取り入れやすいダイソーやセリアの100均アイテムで実践してみても良いかもしれません。

・カビや汚れ防止シートは設置した?(100均商品あり)

出し入れする機会の多いキッチンのシンク下収納。出来れば傷も汚れもつけたくないですよね。そんな時は、消臭や抗菌、防カビ効果のあるシートを事前にしいておきましょう。100均・ダイソーの「食器棚シート(約300cm×30cm)」や「流し台シート(約100cm×60cm)」は、さりげない模様がかわいい100均アイテムです。

・収納するモノが多すぎてない?

普通に使うだけでも湿気のこもりやすいシンク下のスペース。収納するモノを減らし、空気の通りをよくしておくのも、湿気やカビ予防になりそうです。

・排水管周りの小さな隙間は埋めた?(100均商品あり)

キッチンシンク下の排水管の根本まわりには小さな隙間があります。隙間が空いたままにしておくと、下水の臭いが上がってきたり、小さな虫が侵入してしまう恐れがあるんです。

この排水管の厄介な隙間を埋めるのにおすすめなのが、100均・ダイソーの「耐水エポキシパテ」。手でこねれるタイプのパテで、作業時間1分で速硬性のある何とも便利なアイテム。

賃貸だしパテで固めちゃうのはちょっと…、という方は、同じく100均・セリアの「抗菌マスキングテープ」で隙間を埋めてあげるのもおすすめ。水に長時間濡れてしまうと効果が薄れ、テープ自体に黒ずみやカビが発生してしまう恐れがあるので、定期的に取り替えをするのがよさそうです。

気になる100均アイテムは見つかった?

いかがでしたでしょうか。セリアやダイソーといった100均アイテムは、キッチンのシンク下収納のメインになることはもちろん、デッドスペースを解消するのにもぴったりなんです。便利グッズが多い“100均アイテム”、ぜひ自宅キッチンのシンク下収納で活用してみてくださいね。

食器・キッチン用品 ・キッチン雑貨に関連する記事

キッチンのシンク下から下水のような臭い。賃貸での対処法は?

キッチンのシンク下から下水のような臭い。賃貸での対処法は?

キッチンのシンク下から下水のような臭いがするけど、賃貸だから業者や大家さんに相談するのも面倒だなぁと放置して生活のストレスを感じていませんか?臭いの原因と手軽に今すぐ試せる対処法をご紹介します。
キッチンのシンク下から下水のような臭い。賃貸での対処法は?の画像

500mlペットボトルが24本でしまえる!らくらく収納アイデア

500mlペットボトルが24本でしまえる!らくらく収納アイデア

キッチンの中でも、減りと補充のサイクルが早い500mlのペットボトル飲料。24本で箱買いすると、場所をとってかさばるし何かと使いづらかったり…。そんなお悩みを解決する便利収納アイテムをご紹介します。
500mlペットボトルが24本でしまえる!らくらく収納アイデアの画像

シンク下収納どうしてる?100均アイテムを使った作り方3選

シンク下収納どうしてる?100均アイテムを使った作り方3選

キッチンのシンク下収納スペースを有効活用するオール100均アイテムでの作り方をご紹介します。奥のものが取り出しづらい、排水管が邪魔でうまく収納できないなどの気になるお悩みも解消できるアイデアです!
シンク下収納どうしてる?100均アイテムを使った作り方3選の画像