新宿のブックカフェ&スペース4選~ゆったり読書できるおすすめ読書空間

本を携えて家を出る。家で読めばいいものも、あれもこれもと欲張って重い鞄を持ち上げる。この小さくて非合理な楽しみをひそかに噛みしめている方も多いのではないでしょうか。どんな本も読み手によって幾重にも世界が展開するのが読書の醍醐味。

そんな本を読むのにぴったりな場所を探して三千里、カフェ、電車、ブックバー、公園、船の上、プールサイド・・・挙句の果てに、本を読むために移動しているという人までいたり。本を読む場所の議論には果てがありません。

今回は新宿の本が読める場所で”まる一日過ごす”プランのご紹介。様々な場所を放浪して見つけた、新宿おすすめブックカフェをご紹介します。ぜひ参考にされてくださいね。

📖

🕙AM 8:00...

枕元には読みかけのまま寝入ってしまった本が開いて置いてあった。

昨夜はずいぶんと夜更かしをしてしまったようだ・・・

たぶん寝不足という事になるのだろうが、不思議と爽快な朝だ・・・

【泊まれるブックカフェ】BOOK AND BED TOKYO SHINJUKU

コンセプトは泊まれる本屋®︎という「BOOK AND BED TOKYO」。

本をパラパラと読んでいたらいつの間にか寝てしまった。そんな『誰もが一度は経験した事があるであろう最高に幸せな「寝る瞬間」の体験』を提供」していると言うこちらではホステルの様な個室とたくさんの本棚で心ゆくまで読書体験を楽しむことができます。宿泊をしない場合、一時間単位でデイユース(540円)ができるので昼間からの利用もよいかもしれません。

でもぜひ、”寝落ち体験”もしてみたいところですね。

BOOK AND BED TOKYO SHINJUKU

■BOOK AND BED TOKYO 新宿店
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-27-5 歌舞伎町APMビル8F
交通:JR「新宿駅」東口から徒歩6分、西武鉄道「西武新宿駅」から徒歩2分、地下鉄「新宿三丁目駅」から徒歩10分
時間:【宿泊】チェックイン16~23時まで/チェックアウト翌11時まで 【デイタイム利用】13~20時
定休日:無休

🕙AM 11:30...

泊まれる本屋®に長居をしてまた続きを読んでしまった・・・チェックアウトの時間も迫って来たので思い切ってタイトルを購入。

たまにはいいものですよね、衝動買い。

そんな事を考えていたら胃袋からクレーム。朝から何も食べていないかも・・・

新宿のはずれでゆったりランチ読書

腹ごしらえ目的で入ったハンバーガーショップ。高島屋のふもとにあって駅から少し離れていることも手伝てか、ほかのお客さんは2,3人。比較的一人のかたが多いようです。最寄り駅は代々木、兼、新宿南口といった不思議な立地。裏通りを眺めるおおきなカウンターが絶妙な落ち着きと緊張感をもたらしてくれて集中できます。

フレッシュネスバーガー代々木

■フレッシュネスバーガー代々木
住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24 NTTドコモ代々木ビル1階
電話: 03-5363-3318
時間: 7:30~22:00

🕙PM 3:30...

大きく円を描く日当たりの良いカウンターで一冊目をようやく読了。休日あまりお客さんが来ない店は、長居しがちな本好きにとっては欠かせない貴重な第二の書斎。

とはいえだんだん席も減って来たところでテイクアウトをもって次のスポットへ動きます。ポカポカ暖かい休日といえばここを忘れてはいけません・・・

季節によっては外という手も・・・新宿御苑

新宿御苑といえばお花見でしょうか。温室のまるりとしたフォルムを眺めながら本を読んでいるとSFの世界に紛れ込んだかのような気持ちにさせられます。

ほとんど人もいない場所がたくさんありますから、お気に入りスポットの発掘には持って来いです。年間パスポート、2,000円、いかがですか?

新宿御苑 温室

■新宿御苑
住所:東京都新宿区内藤町11
交通:JR「新宿駅」南口から徒歩10分、西武鉄道「西武新宿駅」から徒歩15分、地下鉄「新宿三丁目駅」から徒歩5分
時間:秋冬:午前10時から午後16時 春夏:午前9時から午後17時30分
料金:一般 500円 65歳以上 250円 学生(高校生以上) 250円 小人(中学生以下) 無料
定休日:月曜日、ほか

🕙PM 5:30...

だんだんひとも減って来た新宿御苑、気づけば閉園時間を過ぎていました。急げや急げ、早めに出ないと帰れなくなってしまいます。

ここまでずいぶんとたくさんの本を読んできました。そろそろキャパオーバーですか?いいえ、まだまだ。

本日の”締め”は文壇バーで飲みながら、とまいりましょうか。

お酒を飲みながら・・・プチ文壇バー 月に吠える ゴールデン街店/荒木町店

公園で本を読んでいて陽が落ちてきたら、本に囲まれて過ごす休日も終わりが近い・・・。

文壇バー「月に吠える」は四谷三丁目からほど近く。ゴールデン街でG2通りで10年ちかく続いている看板の新店舗。編集者やものかきが集う店内で、お酒を飲みながら文学談義に花を咲かせられるという、不思議な一夜はぜひ一度体験していただきたいもの。今日読んだ本の振り返りはこのお店で済ませて帰りましょう。

プチ文壇バー 月に吠える

■月に吠える 四谷荒木町店
住所:東京都新宿区四谷3-6 畠山ビル地下1階
最寄: 四谷三丁目駅より徒歩1分、曙橋駅より徒歩8分
電話: 03-6457-8251
時間: 19時~24時
定休日:日祝

読書場所を探すのもまた楽し

いかがでしたか?読書場所を探していることと今日読む本をじっくりと選ぶこと。どちらもとても贅沢な時間です。せっかく本を読むのですから一番お気に入りの場所を見つけたいものです。ぜひ参考にしてまた良い場所を教えてくださいね。

大人の趣味に関連する記事

東京で手作りアクセサリー|”繕う”に触れる金継ぎ体験

東京で手作りアクセサリー|”繕う”に触れる金継ぎ体験

お出かけや東京都内の観光にお勧めしたい、アクセサリーの手作り体験。一人でも誰かとでも、丁寧に作る時間そのものが手作りの品に特別感を与えます。今回は、金継ぎを使ったワークショップの様子をお伝えします。
東京で手作りアクセサリー|”繕う”に触れる金継ぎ体験の画像

手縫いで簡単!はぎれを活用してかわいい小物を作ろう

手縫いで簡単!はぎれを活用してかわいい小物を作ろう

どんどんたまっていくはぎれ、みなさんはどう活用していますか? 今回は手縫いだけで簡単にできる、はぎれを使った小物の作り方を紹介します。波縫いと玉止めができれば大丈夫です、ぜひ参考にしてみてください。
手縫いで簡単!はぎれを活用してかわいい小物を作ろうの画像

余ったはぎれで作る!縫わない簡単かわいい小物の作り方

余ったはぎれで作る!縫わない簡単かわいい小物の作り方

余り布やつい取っておいちゃうはぎれ、みなさんはどう活用していますか?
今回は縫わずにできる、簡単でかわいい、はぎれを使った小物の作り方をご紹介します。お気に入りのはぎれを暮らしに生かしましょう!
余ったはぎれで作る!縫わない簡単かわいい小物の作り方の画像