大人の趣味

鉄道博物館|ステンドグラスに込められた谷川俊太郎のメッセージとは

鉄道博物館|ステンドグラスに込められた谷川俊太郎のメッセージとは

コロナ禍で人出の減った鉄道博物館。さまざま展示が閉鎖され子供たちは寂しそうにしていましたが2階のステンドグラスに心を惹かれる物語が画かれていました。
鉄道博物館|ステンドグラスに込められた谷川俊太郎のメッセージとはの画像

【はじめての読書会③】詩を楽しむヒントは「わからない」にある

【はじめての読書会③】詩を楽しむヒントは「わからない」にある

詩を読んで「わからない」をきっかけに想像が広がっていくことがありました。大人になった今、趣味として自由に楽しむ詩には丁寧に言葉を紡ぐ楽しみがありましたhttps://precocirico.com/wp-admin/post.php?post=9096&action=edit#。谷川俊太郎さんの『バウムクーヘン』の読書会です。
【はじめての読書会③】詩を楽しむヒントは「わからない」にあるの画像

150年目の蔵元|小豆島 ヤマロク醤油で食べる卵かけごはんが最高でした

150年目の蔵元|小豆島 ヤマロク醤油で食べる卵かけごはんが最高でした

香川県の醤油蔵元 ヤマロク醤油。「もろみ」菌に守られた大杉樽たちが静かに眠る地下150年の蔵元で、醤油作りにかける思いを聞きました
150年目の蔵元|小豆島 ヤマロク醤油で食べる卵かけごはんが最高でしたの画像

自由に表現することの楽しさと難しさ。「私と仕事」を考える

自由に表現することの楽しさと難しさ。「私と仕事」を考える

大人になってから自由に何かを表現する機会は少ないと思います。先日チームのメンバーで自分の仕事について作品を作り表現するワークを行いました。そこから大事にしていることや自分なりの視点を見つけられました。
自由に表現することの楽しさと難しさ。「私と仕事」を考えるの画像

新宿のブックカフェ一覧~ゆったり読書できるおすすめ読書空間

新宿のブックカフェ一覧~ゆったり読書できるおすすめ読書空間

本を読むのにぴったりな場所を探して三千里。カフェ、電車、ブックバー、公園、ランニングマシーン、フェリーの上、プールサイド、気が付けば本を読むために移動している・・・!今回は新宿で”まる一日読書して過ごす”プランのご紹介。様々な場所を放浪して見つけた、新宿おすすめブックカフェをご紹介します。ぜひ参考にされてくださいね。
新宿のブックカフェ一覧~ゆったり読書できるおすすめ読書空間の画像

【はじめての読書会②】詩を通して自分の暮らしが見えてくる

【はじめての読書会②】詩を通して自分の暮らしが見えてくる

詩集『バウムクーヘン』の読書会。子どものような簡単な言葉で書かれているその詩には、大人の私がこれまでの暮らしぶりを見つめなおすきっかけが隠れていました。大人の趣味としての詩の読書です。
【はじめての読書会②】詩を通して自分の暮らしが見えてくるの画像

【はじめての読書会①】詩集『バウムクーヘン』を読んでみたら

【はじめての読書会①】詩集『バウムクーヘン』を読んでみたら

詩に対して苦手意識をもっている人間が読書会をやってみたら…。大人になった今新たな趣味として詩を読むのもいいかもしれません。すべては谷川俊太郎さんの詩集『バウムクーヘン』がきっかけでした。
【はじめての読書会①】詩集『バウムクーヘン』を読んでみたらの画像

手織りのストールを作って思う、大人の趣味と暮らしのリズム

手織りのストールを作って思う、大人の趣味と暮らしのリズム

大人になったら趣味で手織りをすることが小さな夢だった私がストールづくりに挑戦。暮らしの中で趣味を楽しむには、好きなタイミングで始めたり休んだり再開したり。大人の趣味はそういうものかもしれません。
手織りのストールを作って思う、大人の趣味と暮らしのリズムの画像

基礎練習も楽しめるようになった、大人の趣味・ピアノ

基礎練習も楽しめるようになった、大人の趣味・ピアノ

大人になって改めて触れるピアノは、子どもの頃より基礎練習が楽しめるようになっていました。それは、憧れを手に入れるのに本当に必要なことが何かが分かるようになった大人だからこそなのかもしれません。
基礎練習も楽しめるようになった、大人の趣味・ピアノの画像

大山登山、生と死を色濃く感じた日。㊦山登り趣味の初心者紀行4

大山登山、生と死を色濃く感じた日。㊦山登り趣味の初心者紀行4

雨は辺り一帯を打ちつけ、風は山を鳴かせて吹き荒れる。「本当に生きて帰れるのか、俺は」なんて弱音を吐いても、登山・山登りは終わらない。趣味や初心者向けなんて嘘だと思いながらも道を前に進むしかない。
大山登山、生と死を色濃く感じた日。㊦山登り趣味の初心者紀行4の画像

大山登山、生と死を色濃く感じた日。㊥山登り趣味の初心者紀行3

大山登山、生と死を色濃く感じた日。㊥山登り趣味の初心者紀行3

足を負傷しながらも登山・山登りを続けて何とか登頂に成功しますが、そこからが本番でした。自然の驚異を思い知らされます。山を舐めると痛い目を見ると初心者、趣味ながらに初めて感じました。
大山登山、生と死を色濃く感じた日。㊥山登り趣味の初心者紀行3の画像

ホーチミンで客引きと食べた鳥の頭焼き-バックパッカー旅行

ホーチミンで客引きと食べた鳥の頭焼き-バックパッカー旅行

「150ドルだ!最初に言っただろう!」腕の不自由な観光ガイドに連れまわされ、挙句に有り金を巻き上げられそうになったバックパッカー旅行の思い出。現地の暮らしにもっと近づきたいという気持ちは大人になって強くなるばかりです
ホーチミンで客引きと食べた鳥の頭焼き-バックパッカー旅行の画像

大人も子供も等身大。本を片手に暮らしを思い出す水田ホテル

大人も子供も等身大。本を片手に暮らしを思い出す水田ホテル

あえて地元のホテルに宿泊するって面白いかも!そう思ってインドア趣味の私が選んだ水田ビューのホテル。大人も子供も等身大に出会えるようにと選ばれた本を片手に、地元の暮らしを思い出す自然の景色に浸りました。
大人も子供も等身大。本を片手に暮らしを思い出す水田ホテルの画像

久しぶりに触れた万華鏡。自分の好奇心は案外自分でもわからない

久しぶりに触れた万華鏡。自分の好奇心は案外自分でもわからない

ちょっとした好奇心で行ってみた万華鏡の展示会。その小さな好奇心の芽に素直になって行動してみたら、自分でも思ってもみなかった新たな自分に出会うことができました。
久しぶりに触れた万華鏡。自分の好奇心は案外自分でもわからないの画像

大山登山、生と死を色濃く感じた日。㊤山登り趣味の初心者紀行2

大山登山、生と死を色濃く感じた日。㊤山登り趣味の初心者紀行2

山登りに見せられた私は、次の週末早速登山にいきました。登った山は神奈川の丹沢山地にある大山です。初心者や趣味の方でも登れるとのことだったので選びましたが、その時に生と死を色濃く感じました。
大山登山、生と死を色濃く感じた日。㊤山登り趣味の初心者紀行2の画像

山に魅せられた、初めての一人登山。山登り趣味の初心者紀行1

山に魅せられた、初めての一人登山。山登り趣味の初心者紀行1

ある日、気づくと山登りをしていました。その日以来、登山が趣味となったのですが、まだまだ初心者の域を出ていません。今回はそんな気づけば山登りをしていた時、登山が趣味となった日の話です。
山に魅せられた、初めての一人登山。山登り趣味の初心者紀行1の画像

祖父の趣味に学ぶ、暮らしの中で大人の教養を身につけること

祖父の趣味に学ぶ、暮らしの中で大人の教養を身につけること

調べものが趣味の祖父は、暮らしの1コマを意図せず学ぶ機会にしてしまう。食卓での何気ない会話で見えた、そんな祖父が自然に教養を身につけていく姿勢。私も大人になった今、その大切さに気がつきました。
祖父の趣味に学ぶ、暮らしの中で大人の教養を身につけることの画像

【展示レビュー】生活と藍色 世界の藍染めの衣装と文化、暮らし

【展示レビュー】生活と藍色 世界の藍染めの衣装と文化、暮らし

古くから世界中で親しまれてきた藍染めが、どのように生活に取り入れられてきたかを探る企画展示。藍染めの布や衣装からは、その土地の暮らしや文化も見えてくるよう。感動した藍色を、大人になった今思い出しました。
【展示レビュー】生活と藍色 世界の藍染めの衣装と文化、暮らしの画像

最後の大会、僕は泣いた。大人の今は趣味の水泳、スポーツ。後編

最後の大会、僕は泣いた。大人の今は趣味の水泳、スポーツ。後編

中学生の時に部活動で水泳をしていました。大人の今では趣味やスポーツの1つになりましたが。当時はただ速さだけを追い求めていました。ふとした瞬間、生活の中でも未だにあの大会、レースを思い出します。
最後の大会、僕は泣いた。大人の今は趣味の水泳、スポーツ。後編の画像

ホテルが目的の旅行、視点を変えると楽しみ方も変わる

ホテルが目的の旅行、視点を変えると楽しみ方も変わる

旅行とはその土地でしかできないことをしに行くこと、という自分の中の固定観念がありました。いつもとは視点を変えて旅行というものを考えたら、新しい楽しみ方を見つけました。
ホテルが目的の旅行、視点を変えると楽しみ方も変わるの画像

文壇バーで文章について相談をした

文壇バーで文章について相談をした

11月のBrutus特集は「恋の、答え。」ゴールデン街で編集者と話す中で、人の心をつかまえる文章について考えます。各々の生活と暮らしについて書くことと、とある豆本の作者のお話です。
文壇バーで文章について相談をしたの画像

最後の大会、僕は泣いた。大人の今は趣味の水泳、スポーツ。前編

最後の大会、僕は泣いた。大人の今は趣味の水泳、スポーツ。前編

中学生の時に部活動で水泳をしていました。大人の今では趣味やスポーツの1つになりましたが。当時はただ速さだけを追い求めていました。ふとした瞬間、生活の中でも未だにあの大会、レースを思い出します。
最後の大会、僕は泣いた。大人の今は趣味の水泳、スポーツ。前編の画像

【暮らしに会いに行く】最近になって変わった旅のかたち

【暮らしに会いに行く】最近になって変わった旅のかたち

大人になって変わった旅のカタチ。みんなが大好きな観光地も良いいけれど、現地の暮らしに会いに行く旅も素敵なのでは?それってちょっとシックな趣味のあり方かもしれない。そんな、生活から飛び出したエッセイです。
【暮らしに会いに行く】最近になって変わった旅のかたちの画像

偶然出会った大人の趣味“糸つむぎ”がくれた贅沢な暮らしの時間

偶然出会った大人の趣味“糸つむぎ”がくれた贅沢な暮らしの時間

“糸つむぎ”という手仕事を知っていますか。先日糸つむぎのワークショップに参加してきました。綿から糸をつむぐ手間の係ることをやる事で感じる時間の流れ。あえて作る贅沢な時間は大人の趣味と言えるのかも。
偶然出会った大人の趣味“糸つむぎ”がくれた贅沢な暮らしの時間の画像

憧れの喫茶店。大人の趣味について気が付いたこと

憧れの喫茶店。大人の趣味について気が付いたこと

「趣味はなんですか?」そんな質問が苦手です。雑誌を頼りに憧れの喫茶店へ行き思ったのは「また行きたいなぁ」という気持ち。それを大切することがきっと大人の趣味で、暮らしのヒントなのかもしれません。
憧れの喫茶店。大人の趣味について気が付いたことの画像

怖がらずに飛び込んだら見つけた刺しゅうという新しい趣味

怖がらずに飛び込んだら見つけた刺しゅうという新しい趣味

生活様式が変わったのをきっかけに始めた刺しゅう。趣味という言葉に身構えすぎて不安でしたが、いざ始めてみると、もっと気軽に新しいことに挑戦してもいいのかもしれないと思えました。
怖がらずに飛び込んだら見つけた刺しゅうという新しい趣味の画像

大人の女性から気づかされた、“見極め”の大切さ

大人の女性から気づかされた、“見極め”の大切さ

久し振りに大好きな女性の先輩に会いに行きました。自宅で趣味を生かした教室をやっている先輩が発した「見極め」という言葉が、大人になった私に、日々の暮らしのなかで大切なものを見極めるきっかけをくれました。
大人の女性から気づかされた、“見極め”の大切さの画像

大人になっても音楽で繋がる暮らし。私と趣味と、友人と。

大人になっても音楽で繋がる暮らし。私と趣味と、友人と。

趣味で繋がる大切な友人との関係。離れて暮らしていてもその時聞いている音楽やプレイリストによって、どんなこと考えていてどんな世界に浸っているのか、大人になった今なんとなくわかるような気がします。
大人になっても音楽で繋がる暮らし。私と趣味と、友人と。の画像

暮らしの安心場 大人の趣味と生活に寄り添う大切な場所

暮らしの安心場 大人の趣味と生活に寄り添う大切な場所

都会の暮らしに寄り添う日常のオアシス。生活環境が大きく変わるとともに、変わらない思いと強くなる思いが交じり合う。紡ぎたい音楽や安心場の存在と、つなげたい大人の趣味の時間を考えます。
暮らしの安心場 大人の趣味と生活に寄り添う大切な場所の画像

大人の趣味、陶芸に挑戦。上手く作れなくても大事にしたい気持ち

大人の趣味、陶芸に挑戦。上手く作れなくても大事にしたい気持ち

ずっとやってみたいと思っていた陶芸。上手にできたら趣味にしたいと、わくわくした気持ちで挑戦してみたけれど、上手くできず。だけど、目の前の自分の器に集中することで生まれる楽しさを知り、またやりたくなっていました。
大人の趣味、陶芸に挑戦。上手く作れなくても大事にしたい気持ちの画像