大人も子供も等身大。本を片手に暮らしを思い出す水田ホテル

ベッド_刺し子の枕

先日、一人旅で訪れたのは、ショウナイホテル スイデンテラス。2年ほど前に地元にできたばかりの、話題のホテルです。
地元を応援するために、あえてホテルに宿泊するってなんか面白いかも! そう思って、普段インドア趣味の私が選んだ水田ビューで木材の良い香りがするホテル。

訪れたのは11月初旬。稲刈りは1か月ほど前に終わりましたが、水を張った田んぼもあれば、刈り取られた稲の根元から新しい芽が控えめに伸び、うっすらと緑がかっている田んぼも。白鳥が飛んできて鳥海山と月山がくっきり白くなってきたころ、本格的な冬の気配が感じられます。幼いころから見慣れ、高校生まで暮らしていた土地の景色です。
だけど窓から見える世界はよく知っているのに、私がいるこの空間はホテルという非日常の空間。何とも言えない不思議な感覚だけど、大人になったからこそ過ごすことのできた有意義な時間でした。

 

みんなが等身大に出合える本が並ぶ、心地よいライブラリ

ライブラリ_本棚

このホテルで一番のお気に入りポイントは、ライブラリスペースが充実していて本が多いところ。ライブラリは2か所あって、水田の風景を眺めながらゆったりと読書ができます。壁に設けられた広い本棚には、ホテルのオーナーが選んだ本が並んでいます。読書が趣味の方もそうでない方も、ぜひ感じてみてほしい空間です。
大人が自分の素に戻れるような本、みんなが等身大に出会える本、そんな思いでセレクトされた本たちは、素直な時間を過ごすのにも寄り添ってくれそう。普段の暮らしではあまり出会わないような本や、新たな気づきも生まれるのかもしれません。

またテーマごとのメッセージが添えられ、作品中のフレーズも掲示してあります。最近気になっていた社会のこと、暮らしのこと、誰かの話を聞いて気になっていた気持ちのこと、それらを飲みこむためのヒントになりそうなこと。今の自分に適切な本を、より光らせているように感じました。
ちょうど読書という趣味に関心を抱くようになった私。誰かの思いがこういった本を通して私と繋がるのかもしれない…… と、なんだか温かい気持ちに気が付きました。水田の景色を眺め、読書をしながら、等身大の自分に会いに行くってなんかいい。ホテルでゆったりと過ごす時間が、より素敵で特別なものに感じられました。

 

暮らしを思い出す風景から気が付く、「大人になった」ということ

ライブラリ_本棚

こうしたコンセプトやメッセージから感じるのは、やはり「素」みたいなもの。目に映るもの、木の香り、風の音、読書の時間もぜんぶ、「自然」だったのかもしれないと今思い返しています。窓から見えるのは子供のころから見知った暮らしと自然の風景だったけれど、このホテルで過ごした時間があったから、あらためてその感覚と出会うことができたみたい。それはまさに晴耕雨読の暮らしです。
大人になり社会人として暮らしている私も、自分自身の懐かしい感覚とその大切さを思い出させてくれた、心が温かくなる体験でした。

あえて地元のホテルに宿泊するのは、大切に思う気持ちから

山_鳥海山

大人になって上京した私は、生まれ育ち、暮らした土地を応援したいという思いがありました。小さな葛藤は、いつの間にか大きな気持ちになっていきました。
慣れ親しんだ暮らしの風景を見ながら非日常な時間を過ごすことで、私の原点を見つけるような気付きがありました。それはやはり、行ってみて体験しなければわからなかったことだったと思います。

今回滞在期間が短く、これらの本をしっかり読めなかったのが心残りです。だけど回数を重ねることでわかる素晴らしさが、まだまだあるような気がしています。だからまた行きたいし、大人も子供も、地元の人にも、あえて行ってみてほしい。みんなにおすすめしたいホテルです。

 

大人の趣味に関連する記事

ホーチミンで客引きと食べた鳥の頭焼き-バックパッカー旅行

ホーチミンで客引きと食べた鳥の頭焼き-バックパッカー旅行

「150ドルだ!最初に言っただろう!」腕の不自由な観光ガイドに連れまわされ、挙句に有り金を巻き上げられそうになったバックパッカー旅行の思い出。現地の暮らしにもっと近づきたいという気持ちは大人になって強くなるばかりです
ホーチミンで客引きと食べた鳥の頭焼き-バックパッカー旅行の画像

久しぶりに触れた万華鏡。自分の好奇心は案外自分でもわからない

久しぶりに触れた万華鏡。自分の好奇心は案外自分でもわからない

ちょっとした好奇心で行ってみた万華鏡の展示会。その小さな好奇心の芽に素直になって行動してみたら、自分でも思ってもみなかった新たな自分に出会うことができました。
久しぶりに触れた万華鏡。自分の好奇心は案外自分でもわからないの画像

大山登山、生と死を色濃く感じた日。㊤山登り趣味の初心者紀行2

大山登山、生と死を色濃く感じた日。㊤山登り趣味の初心者紀行2

山登りに見せられた私は、次の週末早速登山にいきました。登った山は神奈川の丹沢山地にある大山です。初心者や趣味の方でも登れるとのことだったので選びましたが、その時に生と死を色濃く感じました。
大山登山、生と死を色濃く感じた日。㊤山登り趣味の初心者紀行2の画像