ドライフラワーの吊るし方|ハンギングインテリアを楽しむ方法

花束をもらったり、きれいに庭の花が咲いたり。日常の中のちょっぴり嬉しい出来事は、少しでも大事に残しておきたいと思ったりすることがあります。生花は長く楽しめないけれど、ドライフラワーならきっと、長い間楽しむことが出来そうです。
でも、ドライフラワーを作ったり、飾ったりする際に、吊るし方に迷ってしまう事がありますよね。こちらの記事では、吊るして作る”ハンギング法”の作り方のご紹介と、吊るして楽しむドライフラワーの飾り方について、ご紹介していきます。

◆吊るして作る!ハンギング法

吊るして花を乾燥させる、【ハンギング法】をご紹介していきます。
【必要なもの】
・ドライフラワーにしたいお花
・麻ひも
・輪ゴム
・花切りはさみ
・吊るすもの(麻ひもやつっぱり棒、ハンギングフックなど)

①余分な葉や茎をカットする

傷んでいる花弁や葉、また麻ひもを付ける部分に余分な葉があれば、吊るす前に取り除きます。さらに、茎を飾る際に必要な長さにカットしましょう。

★立派な花束は、そのまま吊るしてドライにしたくなってしまいますが、花束の状態ではうまく乾燥させることが出来なくなってしまいます。そのため、花を数本に分けて吊るすのをおすすめします。ドライフラワーに仕上がった後に、ブーケやリースといったアレンジを楽しみましょう。

②茎に輪ゴムを巻き付け、上から麻ひもを巻く

茎の部分に、輪ゴムを巻き付けます。花は乾燥すると縮んでしまうので、こうすることで、麻ひもで吊るした時に滑り落ちにくくなります。数本束ねて吊るすときにも、輪ゴムを使うとしっかり束ねることができ、吊るしやすいです。
次に、花側の方の輪ゴムの上から、麻ひもを固結びします。ぐるぐると麻ひもを巻き付けたら、最後は固結びができるよう緩く輪を作り、紐を通してしっかりとめます。

③固結びをした先に輪を作る

茎に巻いた麻ひもを固結びでしっかり留めたら、麻ひもを掛けられるように、先端に輪を作ります。そうしたら、あとはもう吊るすだけです。

④吊るしてドライになるまで待つ!

つっぱり棒や、ハンギングフック、麻ひもなどを使って吊るします。今回は壁に麻ひもを渡し、木製のピンチでガーランドのように吊るしました。
吊るす際には、ドライフラワーが直接壁につかないように気を付けましょう。うまく乾燥しなかったり、壁への色移りなどが起きてしまいます。
また、人がよく通り、ぶつかりやすいところなどは避け、なるべく風通しがよい場所に吊るしましょう。

二週間ほどでドライフラワーが完成しました!

◆ドライフラワーに向く花と向かない花

今回ドライフラワーに挑戦した花は、
バラ、カーネーション、トルコキキョウです。
バラとカーネーションはきれいに乾燥してくれましたが、トルコキキョウは水分が多い花のため、うまく乾燥してくれませんでした。

ドライフラワーに向く花は、
・バラ ・紫陽花 ・カスミソウ ・ミモザ ・スターチス ・千日紅 ・クラスペディア・・・
たくさんの花がありますが、人気の高い花だと、このような品種が上げられます。
乾燥しやすく、色味が残りやすいのが嬉しいポイントです。

一方、ドライフラワーに向かない花は、
・チューリップ ・ひまわり ・ガーベラ ・ラナンキュラス…

主にぽってりとしたボリュームのある、水分の多い花はドライフラワーに向きません。
また、ドライフラワーにすることで花弁や葉が落ちやすくなってしまうものも、せっかくドライフラワーにしても楽しめないので、向かないものとされています。
ですが、必ずしも作れないわけでもなく、きれいに作れる方もいらっしゃいますので、ぜひ好きなお花があれば挑戦してみてくださいね。

◆ドライフラワーをたっぷり楽しむ吊るし方

つぎは、ドライフラワーを壁や天井から吊り下げて飾る方法をご紹介。ゆらゆら揺れるドライフラワーを眺めて楽しむアイデアを膨らませていきましょう。

100均が優秀!サークルハンガー

@its.moca 様

こちらは100均セリアのサークルハンガーを使ってリースやスワッグを吊り下げて飾っています。サークルハンガーなら飾りながら吊るすこともできますね。こちらの吊るし方ならドライフラワーを360℃全体から楽しむこともできます。流木と合わせた飾り方がとってもおしゃれ!

つっぱり棒 ドローアラインで飾りたいところに吊り下げ

@dee_hm_deer 様

床と天井をつっぱるドローアラインを玄関に取り入れ、ドライフラワーを吊るしています。つっぱり棒なら、壁や天井を傷付けない、賃貸や新居といったお家にやさしい吊るし方が出来ますし、スペースを活用にも◎低い位置に置かれたスモークツリーやスターチスのドライフラワーと、吊るされたドライフラワーのバランスも絶妙なおしゃれ空間ですね。

コーナーにスペースを作るつっぱり棒

@amaimo.6 様

お部屋のコーナーにつっぱり棒を使って、インテリアを楽しむ吊るし方です。ドライフラワーもそのまま吊るすのではなく、瓶やバスケットといった雑貨と組み合わせることで、ワンランクアップした素敵な飾りに。つっぱり棒を可愛らしい生地とガーランドでカバーしているのも、真似したい飾り方ですね。

ラダーラックに吊るしてお気に入りの玄関に

@___hoshi.home 様

玄関に立てかけられたラダーラックに、ドライフラワーをひっかけて楽しむ吊るし方。寂しい壁やスペースも、ラダーラックがあればお気に入りの雑貨やインテリアをより一層引き立てて飾ることができますね。お出かけのちょっとした日用品を一緒に掛けてもおしゃれで、帰ってくるのが楽しみな玄関です。

◆合わせて読みたいおすすめの吊るし方

見上げた先を楽しむ、天井から吊るす方法

天井もドライフラワーで覆われているようなお家に憧れる心もありますよね。こちらの記事では、天井から吊るしてドライフラワーを楽しむ飾り方や、天井用のフックについて詳しくご紹介していますので、よろしければ覗いてみてください。

こんなところに吊るせたら…を叶える鴨居フック

ドライフラワーを吊るしたい場所があるけれど、うまく飾れない…!をお助け!はさめる所ならどこでもフックを作れる、100均の優秀な鴨居フック。二つ使ってつっぱり棒を渡したり、そのままドライフラワーを吊るしたりと、様々な使い方を楽しむことが出来ます。インテリア飾りや、ちょっと掛けておきたい日用品にもピッタリなフックなので、様々なシーンで役に立つのではないでしょうか。

吊るす以外にも!百均雑貨で楽しむドライフラワー

こちらの記事では、百均で楽しめるドライフラワーの飾り方をご紹介しています。壁掛け雑貨や、かわいらしい瓶やケースなど、百均も優秀でおしゃれなインテリア雑貨が満載です。百均に行く際には、ぜひこちらの記事も覗いてみてください。インスピレーションが湧く、とっておきの出会いに繋がるかもしれません。

◆毎日がもっと楽しくなるドライフラワーの吊るし方を

賃貸や新居といった、大切に過ごしていきたいお家でも活躍してくれる方法をご紹介できましたでしょうか。天井や壁にドライフラワーを吊るして飾ることで、暮らす日々がお気に入りに囲まれたものになるといいな、と思います。置いたり、吊るしたり、インテリアやお気に入りの雑貨の取り入れ方はたくさんありますが、心地よいお部屋作りにぴったりな飾り方を見つけてもらえると嬉しいです。

インテリア雑貨・飾りに関連する記事

大切なぬいぐるみの捨て方と捨てるときの注意点

大切なぬいぐるみの捨て方と捨てるときの注意点

今回はぬいぐるみを処分するときの捨て方と注意点をご紹介していきます。大切にとっておいたぬいぐるみも、生活の変化や、また収納状況によってお別れする時がきます。そんな時に晴れやかな気持ちでお別れができるよう、今回の記事がお役に立ちましたら幸いです。
大切なぬいぐるみの捨て方と捨てるときの注意点の画像

吊り下げ収納!100均で出来るぬいぐるみハンモックの作り方!

吊り下げ収納!100均で出来るぬいぐるみハンモックの作り方!

今回は吊り下げ収納ハンモックを使ったおしゃれな収納方法を、手順と事例でお伝えしていきます。場所を取らず100均のアイテムでもできるものばかりなので、みなさんの参考になれば幸いです。
吊り下げ収納!100均で出来るぬいぐるみハンモックの作り方!の画像

ぬいぐるみ入れのおしゃれな魅せ方♡オリジナルワゴン収納も!

ぬいぐるみ入れのおしゃれな魅せ方♡オリジナルワゴン収納も!

たくさんのぬいぐるみは、入れるだけでかわいくおしゃれに収納できるのが嬉しいですよね。お掃除や移動、見え方も素敵な収納や、100均で簡単にかごやバスケットをワゴンにするアイデアをご紹介します。
ぬいぐるみ入れのおしゃれな魅せ方♡オリジナルワゴン収納も!の画像