5分の早起き、暮らしが「わたし」をつくっていく丁寧な朝時間

鏡

「二十歳までの顔は親からもらった顔、二十歳以降の顔は自分で作る顔」
ファッションデザイナー、ココシャネルが残した言葉のひとつ。
ふと思い出した言葉にはっとし、洗面所にあるメイク道具を見つめました。
けれど、きっとそういうことではなく、自分が積み重ねてきたもの、内面にあるものが素顔に出る。
そんなことを言われているような気がしました。
目線をずらし、鏡に映る全身に目をやると、なんだか背筋が丸まっているような…
もしかしたら、顔も体も同じことなのかもしれない。小さくドキッとしました。

暮らしに取り入れる、朝の習慣ラジオ体操

その言葉を思い出したのをきっかけに、ラジオ体操を朝の習慣として始めました。
ラジオ体操だったのは、朝社内で始業時間30分ほど前に、数人でやっていたラジオ体操に参加させてもらった時、あまりの気持ち良さに虜になってしまったから。
「小学生ぶり。懐かしい!」なんて楽しくやっていたのですが、終わってみてびっくり。
全身に酸素や血が巡って頭がスッキリしていたのです。
ラジオ体操をした後は、ほんのり汗をかいていて呼吸は少し荒いのですが、心はすっと落ち着いていました。
その状態で仕事に入ることはとても心地良く、すっかりラジオ体操の魅力に引き込まれていました。
一日のうち、多くの時間を座って過ごすようになった今、小学生の頃とは違った気持ち良さを感じていました。

朝の5分の早起き。自分にとっての「ベター」な暮らしをつくる

ラジオ体操は5分。
在宅勤務時でも出社時でも、朝5分だけ早起きをして丁寧に体を伸ばします。
暮らしの中に気軽に取り入れられるのもお気に入りです。長く続けられるコツかもしれませんね。

伸ばしていると、「あれ、痛いなぁ」「いつもと違って伸びてないかも」と思うことも。
なんでだろう?と自然と心の声にも耳を傾けるようになり、自分にとっての「ベター」を知ることが増えました。
朝からお腹を空かせてモリモリと食べることも、自分にとってのひとつの「ベター」。
朝起きた時、食欲がないことが多かったのですが、ラジオ体操をした後はいつもお腹が空き、朝ごはんがおいしくなります。
おいしく食べられたら、少しだけ得したような、なんだかより良い気持ちに。
おいしさに自然と口角が上がり、背すじも伸びてしまいます。

お化粧をしたり、お洋服を整えて自分をつくっていく時間は、とてもわくわくして大好きです。
だけど、既成の「美しさ」に自分の価値を置くことに捉われず、自分にとっての「ベター」を知り、つくっていくのも楽しいものなのかもしれません。

生活が暮らしに変わる、朝を少しだけ丁寧に

空_緑

「二十歳以降の顔は自分で作る顔」
忙しい生活に追われ、体や心の声を聴く余裕がなくなり、自分を置き去りにしてしまう時があります。
そのことに気づいて、焦って大きな目標を立ててしまうこともありました。
だけど、朝少しだけ早起きをして、過ごし方を変えてみるだけでも十分なのかもしれません。
そして、その暮らしの積み重ねがいつかの自分を作っていくのでしょう。
しばらくラジオ体操はやめられそうにないです。

丁寧な暮らしに関連する記事

普通の家族も普通じゃない家族も、それが“我が家のカタチ”

普通の家族も普通じゃない家族も、それが“我が家のカタチ”

映画『浅田家!』を観賞。公開前に見た雑誌のインタビュー記事に心が反応した私は、そのワケを探ってみました。すると、ずっと“ヘン”だと思っていた自身の家族のことを捉え直すことができた気がしました。
普通の家族も普通じゃない家族も、それが“我が家のカタチ”の画像

いつものアイスティーをグラスに注いで、生活に丁寧なひとさじ

いつものアイスティーをグラスに注いで、生活に丁寧なひとさじ

美容院でいただいたアイスティー。最近ペットボトル飲料を飲むことが多かったからか、グラスに注いで飲むことで新たな発見がありました。いつもの暮らし隠れた小さな気づきが、生活に丁寧なひとさじを加えることも。
いつものアイスティーをグラスに注いで、生活に丁寧なひとさじの画像

暮らしに役立つ方言「うるかす」に感じる生活の知恵

暮らしに役立つ方言「うるかす」に感じる生活の知恵

上京してから方言で会話をする機会は少なくなったけれど、暮らしの中で、ふとしたときに無意識に発してしまう「うるかす」という言葉。自分の生活にも口にもなじんでいる気がして、なかなか抜けないのです。
暮らしに役立つ方言「うるかす」に感じる生活の知恵の画像