椅子の展示を見ながら今と昔の感じ方の差に気付く

秋空

先日、デザイナーズの椅子が展示されている美術館に行きました。
ネットで偶然見つけて知った展示会。今まで資格をとるためにデザイナーズの家具やデザイナーの名前を覚えたこともあったし、企画で椅子について考えていた期間もあり気になったのです。
開催期間が明後日で終わってしまうというタイミングも後押しして、秋晴れの清々しい空のもと、美術館へ向かいました。

展示を見ながら問いを考える

美術館は公園と隣接していて、館内の入り口まで楽しげな声が響いていました。
展示ブースの前には、あいさつと共にこんな問いが用意されていました。

「部屋のどこに置きたいですか」
「どんな座り心地だと思いますか」

なるほど、と考えながら展示された椅子を見て回ります。
どんな座り心地か。これは想像しやすい。硬そう、いちど座ったらなかなか起き上がれない感じ、姿勢を崩して座ってみたいかも。素材や形状を見ながらぽんぽんと頭に浮かびます。
もう一方の問いに対してはなかなか考えが広がりません。部屋のどこに置きたいですかと言われても、斬新なデザインのものが多く、ほとんどのものが自分の部屋に合う気が全くしないのです。あえてどこに、と聞かれれば今ソファを置いている場所かなぁ…。
なかなかしっくりくる答えにたどり着きません。

椅子=座るためだけのもの?

マッキントッシュの椅子

学生時代に授業で見たことのある、マッキントッシュの椅子を見つけました。この椅子には実際に座ったことがあるのですが、座面も硬くて狭いし、背もたれは無駄にまっすぐ長くて窮屈な感じ。寛げたものではありませんでした。
デザインが凝っているから授業のデッサンのモデルとして教室に並べられているのかも、描きにくいし。と思いながらスケッチした記憶があります。
そんなことを思い出しながら解説を読みます。

『ヒルハウスと呼ばれる住宅を設計した際、この住宅の白い壁と家具があしらわれた主寝室のために、寝室のスケールに合わせてデザインされた。』

読んでハッとしました。椅子って座るためにあると思い込んでいたのだ、と。

学生時代には知ろうともしなかった背景を知った上で、ゆっくりと想像します。
寝室にあるのは、きっと大きくて重心の低いずっしりとしたふかふかのベッド。それと対比するように細くて華奢な縦に長い椅子。線の細さとは対照的に白い壁と家具のなかではとても目立ったでしょう。無駄に長く、座るには居心地の悪いと思った背もたれも、寝る前のちょっと薄暗い部屋で間接照明を付けたときに真っ白な壁に落とす影はきっと美しいのだ。そんな椅子の姿を目で愛でながら一日の終わりをゆったりと過ごす……そんな光景。

それを思い描いたとたん、マッキントッシュの椅子がとても美しく素敵な椅子に見えてきたのです。

マッキントッシュの椅子 背もたれ部アップ

自分の固定されていたものの見方に気付く

「部屋のどこに置きたいですか」
知らないうちに勝手に自分の部屋だと仮定して考えてしまっていたことに気付きました。空間ありきではじめてしまっていたから考えが広がらなかったのかもしれません。
いつもと視点をずらして椅子起点で考えてみると、途端に、こんなシーンで使ったら楽しそうだな、この椅子を中心にあんな空間が生まれそうかもしれないと、頭の中でイメージが広がったのです。
最初よりもずっとわくわくして展示を見ることができました。

興味のあること、知りたいことを求めて美術館に足を運んだはずなのに、いつの間にか自分の物の見方・考え方の癖のようなものまで発見してしまいました。
来館時よりも少しスッキリとした気持ちで岐路についた、そんな休日でした。

丁寧な暮らしに関連する記事

普段の生活の中では見落としがちなことを見つけてくれた夜行バス

普段の生活の中では見落としがちなことを見つけてくれた夜行バス

昔はよく利用していた夜行バス。当時と比べて変化してしまった環境にばかり囚われていたけれど、久々に利用してみてなんだか普段の生活の中で見落としがちなことを思い出せたような気がしました。
普段の生活の中では見落としがちなことを見つけてくれた夜行バスの画像

わからなくていいんだよ。犬との暮らしの中で見つけたこと

わからなくていいんだよ。犬との暮らしの中で見つけたこと

未来を恐れて泣くのは人間だけだとすやすやと眠る犬を撫でながら感じました。犬がいる暮らしを丁寧に考えて捉えてみたら、もっと犬との生活を楽しめるような気がしています。
わからなくていいんだよ。犬との暮らしの中で見つけたことの画像

空っぽなんかじゃなかった。身近なもので思い出した私の暮らし

空っぽなんかじゃなかった。身近なもので思い出した私の暮らし

少し早いですが今年はどんな一年でしたか。暮らしの身近なものに触れ、丁寧に記憶を辿ると、つまらなかった日常がかけがえのない生活の思い出に変わりました。そんな風に着実な季節の移ろいを感じたこの頃です。
空っぽなんかじゃなかった。身近なもので思い出した私の暮らしの画像