暮らしの些細な片付け習慣がくれた、生活と心を整える時間

日記

先日、知人と習慣について話題になりました。例えば、日記を書くことや犬の散歩、ストレッチなど…。
皆さんも自然とやっている毎日の習慣があるのではないでしょうか。
わたしは日記やストレッチは習慣にできず3日坊主で終了。続いている習慣って一体何があるだろう?と過去やってきた習慣を思い出してみると、10年以上も続いていた習慣がありました。

丁寧な暮らしに憧れてはじめた、些細な片付けの習慣

その習慣とは“靴を片付けること”でした。
毎日家に帰ったら玄関で靴を片付けます。靴を揃えながら、いらない靴や物を靴箱にしまうようにしています。家に帰って来た時や出かける時、玄関がスッキリと片付けてあると自然と心も軽くなるような気がします。
実家を出た20代の頃から続くこの習慣。当時一緒に住んでいたルームシェアメイトの暮らしぶりに憧れたのがきっかけではじめた習慣でした。

暮らしを整えることがとても上手な彼女。
いつも自然と身の周りを片付けたり、ホコリやゴミに気づいたら拾ったり、自分で汚していない場所でもそんな風に自然と体が動く姿は、見ているこちらも心地良くなるくらい。お料理も好きで上手、整理収納も雑誌の収納特集に出てきそうなくらい綺麗に押し入れを整理していたり、ベランダで植物を育てていたり、彼女が暮らしを楽しんでいる姿を見て憧れるようになりました。
けれど、彼女と同じような丁寧な暮らしはわたしには難しい気がしていました。そんな中、自分でも出来そうと思えた習慣の一つが“靴を片付ける”ことだったのです。

シェアハウスに帰ると整えられた玄関に1~2足の靴が綺麗に並んでいる、そんな光景が最初はきらきらして見えました。
わたしの実家のでは、たいてい玄関はいつもごちゃごちゃ、靴箱に入りきらない脱ぎ捨てられた靴がいくつも重なっているようなで状態。物で溢れた玄関に慣れていたので、余計に片付けられた玄関が素敵に見えました。

玄関は毎日朝晩通る場所だし、これなら簡単そう!と思い靴の片付けをはじめました。
片付け始めてから、仕事で疲れて帰ってきても玄関が綺麗になっているだけで、疲れが少し軽くなるように感じられ、朝も揃えられた靴を履くのが心地よくて、片付けることが面倒だと感じることはありませんでした。
疲れて帰って来た日は片付けも面倒になりがちですが、明日の自分を思うと「今やっておこう!」と自然と体が動きます。そうやって、自然と靴の片付け習慣は暮らしの一部になっていきました。

3日坊主で終わりがちなわたしでも、今では10 年以上続く習慣になりました。

玄関の靴

片付けはわたしの内面も整えてくれる

何でこんなに自然に続いたのかな?と考えてみた時、お片付けを仕事にしている友達から聞いた言葉を思い出しました。
「片付けは、物理的に物を片付けながら自分の心や頭を整理していくことになる」
わたしも、靴を片付けることでごちゃごちゃした心や頭を整理しているのかもしれない。

シェアハウスに住んでいた当時のわたしは、家に居る時間や睡眠時間を削ってでも仕事や遊びを優先させ、外に生活を充実させてくれる物を求めていたように思いますが、実は自分でも気づかないうちに自分の内面を整える時間を欲していたのかも。
シェアメイトの彼女の暮らし方に憧れていたようで、実は日常の家事や暮らしのひとこまを楽しむことが出来る、彼女の内面に憧れていたようにも思います。

靴を片付ける習慣が無かった頃は、疲れて帰ってきて玄関に散らかった靴があるとそれだけで気分がさらに下がり、何だかイライラしていました。
家に入って「ふうーっ」と一呼吸する場所と言えば、以前はリビングや部屋でしたが、靴を片付けるようになってからは、玄関でゆっくり靴を片付けながら「ふうーっ」と呼吸して気持ちを落ち着ける時間が出来て、玄関は気持ちを切り替えるためのわたしの大切な場所になっています。

青空

小さな習慣や丁寧な暮らしの時間は、自分を大切にする時間

靴を片付ける習慣は、ほんの小さな習慣ですが、自分の心や頭を整理する時間に繋がっていて、さらにそれは”自分を大切に扱うこと”にも繋がっているように思います。

自分を大切にすることって、わざわざ豪華な食事や旅行など特別な何かをすることのようにイメージしがちですが、そんなことをしなくても、ちょっとだけ暮らしに気を向けて日常生活を少し丁寧に過ごしてみることや、自分の気を緩めるような些細な時間を暮らしの中につくることで、簡単にできるのかもしれません。

小さな習慣でも、少しだけ自分を大切にする時間や場所を増やすことで、それが丁寧な暮らしに繋がっているように思います。
これからも、わたしの暮らしの中にお気に入りの小さな習慣を増やしていけたらと思っています。

丁寧な暮らしに関連する記事

普通の家族も普通じゃない家族も、それが“我が家のカタチ”

普通の家族も普通じゃない家族も、それが“我が家のカタチ”

映画『浅田家!』を観賞。公開前に見た雑誌のインタビュー記事に心が反応した私は、そのワケを探ってみました。すると、ずっと“ヘン”だと思っていた自身の家族のことを捉え直すことができた気がしました。
普通の家族も普通じゃない家族も、それが“我が家のカタチ”の画像

いつものアイスティーをグラスに注いで、生活に丁寧なひとさじ

いつものアイスティーをグラスに注いで、生活に丁寧なひとさじ

美容院でいただいたアイスティー。最近ペットボトル飲料を飲むことが多かったからか、グラスに注いで飲むことで新たな発見がありました。いつもの暮らし隠れた小さな気づきが、生活に丁寧なひとさじを加えることも。
いつものアイスティーをグラスに注いで、生活に丁寧なひとさじの画像

暮らしに役立つ方言「うるかす」に感じる生活の知恵

暮らしに役立つ方言「うるかす」に感じる生活の知恵

上京してから方言で会話をする機会は少なくなったけれど、暮らしの中で、ふとしたときに無意識に発してしまう「うるかす」という言葉。自分の生活にも口にもなじんでいる気がして、なかなか抜けないのです。
暮らしに役立つ方言「うるかす」に感じる生活の知恵の画像