気軽に香りを楽しむ生活。入浴剤で始めるちょっと丁寧な暮らし

入浴剤

秋が深まるこの季節は、木々の色が変わったり、雲の高さが変わったり、電車の窓からその様子を眺めるのが好きです。
そんな季節の変わり目、みなさんはどんな体調管理をしていますか?

私は暮らしの中で季節を感じることは好きだけれど、気圧の変化の体がついていけず体調を崩しがち。だから家にいる時はしっかり休もうと思うのですが、やりたいこともたくさんあって、ついつい時間の使い方が欲張りになってしまいます。そして時間がないからと言って、これまで就寝前はシャワーで済ませていました。

けれどもせっかく家にいることが増えたので、いつもより少し丁寧なリラックスタイムを過ごしたいなあ。そう思って、最近はお風呂につかる日を増やしてみました。
そこへ、ふとした思い付きで入浴剤もプラス。そんな素敵な香りのある生活がとても気に入ったので、お話したいと思います。

好きな香りの入浴剤がある、いつもよりちょっと満足な暮らし

紅茶

ある日の帰り道、ドラッグストアで買い物をしているとき、たまたま通りかかった入浴剤コーナー。
「ちょうど今日もお風呂入りたいと思っていたし、何かいい入浴剤はないかな?」
そう思って眺めていると、目に留まったのは「果実紅茶」と書かれた入浴剤。お茶全般が大好きな私は、その言葉にぐっと惹かれました。
「紅茶のお風呂?なんて素敵なんだろう…」
香りの見本は無かったけれど、私好みの香りが楽しめる気がして勢いよく箱買い。一目惚れしたときのときめきのような、根拠のない確信がありました。

その日のお風呂はリンゴ紅茶をチョイス。お湯は黄みがかった紅茶色に変化し、かき混ぜるとわずかにとろみがあって滑らかな感じもいい。

そして一番気に入ったのは香りでした。
想像以上に再現された、ほっとするアップルティーの心地よい香り。まるで本物のアップルティーに浸かっているかのような、普段の生活にはない非日常さ。自宅の浴槽では感じたことのない多幸感がありました。
お風呂にスマートフォンを持ち込み、インスタグラムを眺めながら思わず長風呂。ほかほか身体もあたたまり、さらに好きな香りで心もリラックスできた気分。

浴室から出てもアップルティーの香りをまとっているような感じ。あまりの満足感のためか、無意識に「ごちそうさまでした」と言ってしまったことに、自分でも驚きました。

さらに寝つきもよく、朝が弱い私も、翌朝スッキリ目覚めることができたように思います。

疲れた時こそ自分をいたわる、丁寧なお風呂時間

仕事やプライベートでバタバタ忙しくしていると、1日の区切りが付かずに夜更かしもしてしまうことも。さらに気温が低くなり始める時期は、寝つきが悪くなる日があります。
そんなときこそ、お風呂につかってみるのはいかがでしょうか。身体があたたまって寝つきが良くなり、しっかり休めるような気がしています。疲れているとき、頑張りたいときこそ、好きな香りの入浴剤を入れた湯船につかる。いつもの暮らしに、自分をいたわる丁寧な時間を、ほんの少し作ってみるのもよさそうです。

私自身、生活リズムを整えるためにリラックスタイムを大切にしたいなあと思って、あらためて始めたのが湯船につかる習慣でした。汗をかきにくい体質の私は、お風呂に対しても苦手意識があったのですが、好みの香りの入浴剤を入れたお風呂は、私にとってそれに負けないくらいの特別さを感じています。
好きな香りを長い時間楽しみたい、そんな思いも少なからずあるのだと思います。じわじわと汗をかくように、ぬるめのお湯にのんびり浸かるのもよさそうです。
暮らしの一部だったお風呂時間が、ちょっと楽しみで特別な香りの、リラックスタイムになっていきました。

生活に彩りが生まれる、香りを楽しむ暮らしのワンシーン

入浴剤

入浴剤は頂き物や、自分へのご褒美に買ったもので、何か特別な日に使うこともありますよね。可愛いパッケージや、華やかな香りのものなど、ウキウキしながら選ぶ楽しさもあります。
一方で、ドラッグストア等で購入できるような、気軽に普段使いできるものを選んでみるのもいいと思います。1日の中に少しでも香りを楽しむ時間があると、生活に彩りが生まれ、緊張した心もほっとほぐれそうです。

これまでのお風呂時間は、いつもの生活の一部という印象でしたが、好きな香りの入浴剤を入れたお風呂に浸かることで、身体も心も軽くなるように思います。
なんだか疲れ気味だなあと感じる日こそ、お風呂で体を温め、好みの香りに浸るちょっといい暮らし。よかったらお試しくださいね。

丁寧な暮らしに関連する記事

ぬか漬け生活はじめました。思いを馳せる祖母の暮らし

ぬか漬け生活はじめました。思いを馳せる祖母の暮らし

しとしとしと…。ぬかを混ぜる優しい音に癒されながら思うのは、懐かしい祖母の姿。新しい趣味、ぬか漬けづくりで感じた祖母の生き方や丁寧な暮らし。自分はどうなりたいか、考えるきっかけを与えてくれました。
ぬか漬け生活はじめました。思いを馳せる祖母の暮らしの画像

山菜で丁寧に季節を感じる暮らし 春の味覚は「わらび」

山菜で丁寧に季節を感じる暮らし 春の味覚は「わらび」

スーパーでふと目に留まった山菜。今年の春にわらび料理に挑戦していたことを思い出しました。祖母に教わるレシピで懐かしい春の香りと味覚を思い出す。あの頃の暮らしと家族の味が、記憶のヒントかもしれません。
山菜で丁寧に季節を感じる暮らし 春の味覚は「わらび」の画像

暮らしの些細な片付け習慣がくれた、生活と心を整える時間

暮らしの些細な片付け習慣がくれた、生活と心を整える時間

“脱いだ靴を片付ける”という多くの人がやっている小さな習慣。その習慣が実は自分の心や頭の整理にもつながっていて、いつしか自然と丁寧に暮らす時間を作ってくれていた事に気が付きました。
暮らしの些細な片付け習慣がくれた、生活と心を整える時間の画像