暮らしの中の丁寧なスキンケア~手のケアと、ケア用品収納~

空気が冷たく乾燥するこの時期、生活の中で気になるのはスキンケアです。
一年を通して乾燥肌体質の私としては、秋冬はとくにスキンケアの頑張りどころ。必要に応じて皮膚科でもらった塗り薬も使いながら、自分の肌との上手な付き合い方、暮らし方をいつも模索しています。

生活で気になる、手のスキンケア

普段の暮らしで気になるのは、手のケアについて。
新型コロナ感染症対策のため、以前よりも手洗いうがいや、手のアルコール消毒をする機会が増えたのではないでしょうか。

こうした予防によって安心できるけれど、今年の3月以降は手首から先の湿疹が増えていたと、かかりつけの皮膚科の先生がおっしゃっていました。石鹸とアルコールの刺激によって手の皮脂が必要以上に減ってしまい、乾燥しやすくなるのだそうです。

■Point
・石鹸の使い過ぎは、肌にも良くないとのこと。できるだけ適量を取るようにしましょう。
・水洗いでは、石鹸が残らないように丁寧に洗い流しましょう。
・洗った後は水気をよくふき取ってから、アルコール消毒と手のスキンケアをしましょう。

空気が乾燥しやすいオフィスでは、ハンドクリームは必需品

かくいう私も、いま健康である代わりに手荒れが長引いています。そして毎日の生活で使うハンドクリームの減りが、例年以上にとても早いです。
マスクが生活必需品になったけれど、同じように手のスキンケアのためのハンドクリームも生活必需品になってきたなあと、あらためて感じています。

今回は、身近なハンドクリームの収納を考えてみます。
出先やオフィスでは、スキンケア用品も小さく持ち運びしやすいものを選びます。最近は減るスピードも早いので、念のため2本目のクリームを備えておくことも。

みなさんはどんなふうに管理、収納していますか?

いつも使う、手のスキンケア用品の収納

・お気に入りのポーチに収納

手のスキンケア ハンドクリーム

定番の!
いつも持ち歩いているリップやとハンカチと、一緒に持ち運びしやすいポーチに収納。一式で持ち歩くから、急いでいるときにも忘れにくいのがいいところです。
缶入りののハンドクリームは、コロンとした形がかわいい。

・手の届くところに立ててに収納

仕事中もキーボードを打ったり、文字を書いたり、常に手を使っているので、スキンケアにも気をつかいたいものです。
いつも隣に置いている本や文具を収納しているワゴンに、ハンドクリームも一緒に収納してみます。

~絆創膏も手のスキンケアグッズ~

乾燥肌の場合は角質の隙間から水分が蒸発しやすく、さらに肌荒れしやすい悪循環になりやすいです。
日頃のスキンケアも丁寧にしたいけれど、つらいときには絆創膏を使うのがおすすめです。水分の蒸発を抑え、外の刺激から保護してくれるので、一緒に収納して常備しておきたいケアグッズです。
汚れや雑菌が付きやすいので毎日お風呂の時に外して、いつも清潔にしておきます。

感染対策と一緒に、手のスキンケアを丁寧にする暮らし

新型コロナだけでなく、インフルエンザも気になる季節。手洗いうがい、アルコール消毒と同じように、こまめな手のスキンケアを心がけたいです。
乾燥肌さんにはつらい時期が続きますが、一緒に乗り越えましょう。

次回は身体のスキンケアと、ケア用品の収納について考えてみます。

丁寧な暮らしに関連する記事

初めてのダーニング。お気に入りのジーンズのお直しを楽しむ

初めてのダーニング。お気に入りのジーンズのお直しを楽しむ

破れてしまったお気に入りのジーンズ。ダーニングという技法を用いて補修に挑戦しました。ものを丁寧に使う、「繕う」という暮らしごと。直すだけでなく、さらに新たな個性を見出すこともできるのだと思います。
初めてのダーニング。お気に入りのジーンズのお直しを楽しむの画像

防災グッズを丁寧に見直しました!─緊急避難グッズの収納編①

防災グッズを丁寧に見直しました!─緊急避難グッズの収納編①

床下収納に入れてある防災グッズ。「ここに入れておいても、いざという時にすぐに取り出せない」と、改めて収納方法や中身を丁寧に見直すことにしました。まずは「緊急避難グッズ」から着手した体験記をお届け!
防災グッズを丁寧に見直しました!─緊急避難グッズの収納編①の画像

おせちを作ったことで気付いたこと。当たり前に感謝したお正月

おせちを作ったことで気付いたこと。当たり前に感謝したお正月

母と一緒におせちを作ったことで、今まで蔑ろにしていた気持ちに気付きました。社会の状況がどんどん変化していく今日この頃だからこそ、日々の何気ない暮らしに感謝して過ごしていきたいと感じたお正月でした。
おせちを作ったことで気付いたこと。当たり前に感謝したお正月の画像