2020年11月の記事一覧

普段の生活の中では見落としがちなことを見つけてくれた夜行バス

普段の生活の中では見落としがちなことを見つけてくれた夜行バス

昔はよく利用していた夜行バス。当時と比べて変化してしまった環境にばかり囚われていたけれど、久々に利用してみてなんだか普段の生活の中で見落としがちなことを思い出せたような気がしました。
普段の生活の中では見落としがちなことを見つけてくれた夜行バスの画像

わからなくていいんだよ。犬との暮らしの中で見つけたこと

わからなくていいんだよ。犬との暮らしの中で見つけたこと

未来を恐れて泣くのは人間だけだとすやすやと眠る犬を撫でながら感じました。犬がいる暮らしを丁寧に考えて捉えてみたら、もっと犬との生活を楽しめるような気がしています。
わからなくていいんだよ。犬との暮らしの中で見つけたことの画像

先入観がなかったからこそ選択できた、一人暮らしの街選び

先入観がなかったからこそ選択できた、一人暮らしの街選び

ご近所のカフェに初めて行ってみました。一人暮らしをするこの街のことをもっと知ろうとしたことで、この街の今の魅力と、先入観を持たずに住む街を選んだことが良かったのだと気づけました。
先入観がなかったからこそ選択できた、一人暮らしの街選びの画像

故郷との別れ、そして金欠を知る。東京と一人暮らしと大学生1

故郷との別れ、そして金欠を知る。東京と一人暮らしと大学生1

「じゃあ、またね。」故郷の沖縄を飛び立った私は色々な想いを胸に抱えて東京へと向かいました。……一週間後、「TOKYO!最高!」これは私が大学に進学にあたり東京で初めて一人暮らしを始めたときのお話しです。
故郷との別れ、そして金欠を知る。東京と一人暮らしと大学生1の画像

ユニットバスのプチDIY クッションフロアでひと手間かける

ユニットバスのプチDIY クッションフロアでひと手間かける

賃貸だから…と諦めてしまうことありませんか?諦めかけたユニットバスも、クッションフロアを使ってちょっとだけ時間と手間をかけることで、その後の日々の暮らしが気持ちのいいものになりました。
ユニットバスのプチDIY クッションフロアでひと手間かけるの画像

空っぽなんかじゃなかった。身近なもので思い出した私の暮らし

空っぽなんかじゃなかった。身近なもので思い出した私の暮らし

少し早いですが今年はどんな一年でしたか。暮らしの身近なものに触れ、丁寧に記憶を辿ると、つまらなかった日常がかけがえのない生活の思い出に変わりました。そんな風に着実な季節の移ろいを感じたこの頃です。
空っぽなんかじゃなかった。身近なもので思い出した私の暮らしの画像

ホーチミンで客引きと食べた鳥の頭焼き-バックパッカー旅行

ホーチミンで客引きと食べた鳥の頭焼き-バックパッカー旅行

「150ドルだ!最初に言っただろう!」腕の不自由な観光ガイドに連れまわされ、挙句に有り金を巻き上げられそうになったバックパッカー旅行の思い出。現地の暮らしにもっと近づきたいという気持ちは大人になって強くなるばかりです
ホーチミンで客引きと食べた鳥の頭焼き-バックパッカー旅行の画像

大人も子供も等身大。本を片手に暮らしを思い出す水田ホテル

大人も子供も等身大。本を片手に暮らしを思い出す水田ホテル

あえて地元のホテルに宿泊するって面白いかも!そう思ってインドア趣味の私が選んだ水田ビューのホテル。大人も子供も等身大に出会えるようにと選ばれた本を片手に、地元の暮らしを思い出す自然の景色に浸りました。
大人も子供も等身大。本を片手に暮らしを思い出す水田ホテルの画像

久しぶりに触れた万華鏡。自分の好奇心は案外自分でもわからない

久しぶりに触れた万華鏡。自分の好奇心は案外自分でもわからない

ちょっとした好奇心で行ってみた万華鏡の展示会。その小さな好奇心の芽に素直になって行動してみたら、自分でも思ってもみなかった新たな自分に出会うことができました。
久しぶりに触れた万華鏡。自分の好奇心は案外自分でもわからないの画像

丁寧な暮らしや生活を考え始めたのは生きることへの違和感だった

丁寧な暮らしや生活を考え始めたのは生きることへの違和感だった

大学生の頃、一日中家でぼっーとして日が昇り沈むまでの様子だけを丁寧に眺め続けたことがあります。人生に違和感があったからです。お腹が空いて疲れたのがキッカケで生活とは何か、暮らしとは何かを考えました。
丁寧な暮らしや生活を考え始めたのは生きることへの違和感だったの画像

大山登山、生と死を色濃く感じた日。㊤山登り趣味の初心者紀行2

大山登山、生と死を色濃く感じた日。㊤山登り趣味の初心者紀行2

山登りに見せられた私は、次の週末早速登山にいきました。登った山は神奈川の丹沢山地にある大山です。初心者や趣味の方でも登れるとのことだったので選びましたが、その時に生と死を色濃く感じました。
大山登山、生と死を色濃く感じた日。㊤山登り趣味の初心者紀行2の画像

ビーズクッションは我が家のマスコット。在宅とインテリア

ビーズクッションは我が家のマスコット。在宅とインテリア

在宅勤務が導入された際、床に座っての生活で腰や足が痛くなりました。そんな在宅での悩みを解決するためにビーズクッションを手に入れましが、そのビーズクッションは実用性と可愛さが詰め込まれたものでした。
ビーズクッションは我が家のマスコット。在宅とインテリアの画像

山に魅せられた、初めての一人登山。山登り趣味の初心者紀行1

山に魅せられた、初めての一人登山。山登り趣味の初心者紀行1

ある日、気づくと山登りをしていました。その日以来、登山が趣味となったのですが、まだまだ初心者の域を出ていません。今回はそんな気づけば山登りをしていた時、登山が趣味となった日の話です。
山に魅せられた、初めての一人登山。山登り趣味の初心者紀行1の画像

ベネチアングラスの美しさ。美術館に天使が舞い降りた。

ベネチアングラスの美しさ。美術館に天使が舞い降りた。

つい先日、箱根にあるガラスの森美術館というところに行きました。あまり興味はなかったのですが、近くに行ったため美術館にも寄ってみることに。そこで出会ったのはベネチアングラスの美しさでした。
ベネチアングラスの美しさ。美術館に天使が舞い降りた。の画像

季節が過ぎ花が散った木々も、変わらず暮らしのなかにある

季節が過ぎ花が散った木々も、変わらず暮らしのなかにある

日々の暮らしで、目線はどこにありますか?無意識に固定した目で、生活を送っているかもしれません。季節の花や、装飾を楽しむこともいいけれど、特別でもない普段の姿から、丁寧に自分の感性を拾ってみませんか。
季節が過ぎ花が散った木々も、変わらず暮らしのなかにあるの画像

贈り物は透明袋で包んで気持ちをのせて。ラッピングに込めた思い

贈り物は透明袋で包んで気持ちをのせて。ラッピングに込めた思い

久しぶりに人と会う時、ちょっとした贈り物をすることが増えました。リアルタイムで出来なかったお祝いを埋め合わせするかのように。役に立っているのが透明袋。プレゼントに言えない気持ちを込めて包みます。
贈り物は透明袋で包んで気持ちをのせて。ラッピングに込めた思いの画像

メイクブラシのお手入れ、きっかけはおしゃれな洗剤でした

メイクブラシのお手入れ、きっかけはおしゃれな洗剤でした

メイクブラシも肌に触れるものだからお手入れした方がいいのだろうけど、めんどくさそうなイメージがありました。そのイメージを変えたのはちょっといい洗剤との出会いでした。
メイクブラシのお手入れ、きっかけはおしゃれな洗剤でしたの画像

祖父の趣味に学ぶ、暮らしの中で大人の教養を身につけること

祖父の趣味に学ぶ、暮らしの中で大人の教養を身につけること

調べものが趣味の祖父は、暮らしの1コマを意図せず学ぶ機会にしてしまう。食卓での何気ない会話で見えた、そんな祖父が自然に教養を身につけていく姿勢。私も大人になった今、その大切さに気がつきました。
祖父の趣味に学ぶ、暮らしの中で大人の教養を身につけることの画像

頭を上げるとそこには観葉植物。フェイクのインテリアや飾り

頭を上げるとそこには観葉植物。フェイクのインテリアや飾り

フェイクのグリーン、観葉植物。何故かは分からないけれども、その笑顔が見えた日がありました。インテリアや雑貨、飾りとして昔からお店や学校や家にある、フェイクグリーンがオフィスに彩りを加えてくれた。
頭を上げるとそこには観葉植物。フェイクのインテリアや飾りの画像

お手入れを通じて気付く、愛着とおしゃれインテリアへの気持ち

お手入れを通じて気付く、愛着とおしゃれインテリアへの気持ち

以前から愛用しているラグ。ロースタイルの生活時間が増えたことで、今まで全然手を掛けてあげられていなかったことに気付き、お手入れしてあげることに。購入時の愛着を思い出しました。
お手入れを通じて気付く、愛着とおしゃれインテリアへの気持ちの画像

【展示レビュー】生活と藍色 世界の藍染めの衣装と文化、暮らし

【展示レビュー】生活と藍色 世界の藍染めの衣装と文化、暮らし

古くから世界中で親しまれてきた藍染めが、どのように生活に取り入れられてきたかを探る企画展示。藍染めの布や衣装からは、その土地の暮らしや文化も見えてくるよう。感動した藍色を、大人になった今思い出しました。
【展示レビュー】生活と藍色 世界の藍染めの衣装と文化、暮らしの画像

初めての冬とマフラー、おしゃれやコーデなんてなかった。後編

初めての冬とマフラー、おしゃれやコーデなんてなかった。後編

最近、寒くなってきましたね。僕はもうマフラーを出しました。マフラーを巻くと東京での初めての秋と冬を思い出します。最初はおしゃれやコーデなんて考えられず、ただ寒さを乗り越えることだけを考えていました。
初めての冬とマフラー、おしゃれやコーデなんてなかった。後編の画像

胸いっぱいに太陽を。姿勢と身体に向き合う習慣

胸いっぱいに太陽を。姿勢と身体に向き合う習慣

整骨院で知ったのは、人体の繊細さ。いつもの生活の中で少しだけ姿勢を意識してみる。身体の疲れに向き合って丁寧にストレッチをしてみる。それだけで暮らしのうちに見えてくるものに変化があるかもしれません。
胸いっぱいに太陽を。姿勢と身体に向き合う習慣の画像

椅子の展示を見ながら今と昔の感じ方の差に気付く

椅子の展示を見ながら今と昔の感じ方の差に気付く

美術館でのデザイナーズの椅子の展示。久しぶりに見た椅子は、学生の頃に感じた印象とは全く違った印象を受けました。それと同時に自分がものを見るときの癖にも気付けたような気がします。
椅子の展示を見ながら今と昔の感じ方の差に気付くの画像

時代のおすすめよりも。文字と歴史に触れ合うモノ選び

時代のおすすめよりも。文字と歴史に触れ合うモノ選び

最近のお買い物を改めて振り返ると、便利さでデジタルツールを選ぶよりも、アナログでも「文字として残るもの・残すこと」に特別な思いを感じていることに気が付きました。それは、歴史との触れ合いでした。
時代のおすすめよりも。文字と歴史に触れ合うモノ選びの画像

初めての冬とマフラー、おしゃれやコーデなんてなかった。前編

初めての冬とマフラー、おしゃれやコーデなんてなかった。前編

最近、寒くなってきましたね。僕はもうマフラーを出しました。マフラーを巻くと東京での初めての秋と冬を思い出します。最初はおしゃれやコーデなんて考えられず、ただ寒さを乗り越えることだけを考えていました。
初めての冬とマフラー、おしゃれやコーデなんてなかった。前編の画像

お気に入りの食器 ときめくおちょこの金継ぎ修理を依頼して

お気に入りの食器 ときめくおちょこの金継ぎ修理を依頼して

お気に入りのおちょこの口縁が欠けてしまい、漆塗りの仕事をしている友人に金継ぎの修理を依頼しました。長く大切にしていきたい食器やキッチン雑貨を、丁寧に繕うその技術と日本の手仕事に魅力を感じます。
お気に入りの食器 ときめくおちょこの金継ぎ修理を依頼しての画像

丁寧に過ごす朝時間。自分に合った生活と習慣で暮らしを整える

丁寧に過ごす朝時間。自分に合った生活と習慣で暮らしを整える

暮らしを整えたいと思うけれど、何から始めたらいいんだろう?そこで私は、苦手な朝の時間を丁寧に過ごそうと試みました。気軽に始められて無理なく続けられる、自分にあった生活と習慣を考えます。
丁寧に過ごす朝時間。自分に合った生活と習慣で暮らしを整えるの画像

暮らしとともに丁寧に見つける、私が思うこの街の好きなところ

暮らしとともに丁寧に見つける、私が思うこの街の好きなところ

今暮らしている街に来て2年。通勤に時間がかかったり治安を心配されたり、越してきた当初は不安ばかりでした。でも今は大好きな街に。苦手なところも好きなところも丁寧に見つけていったら、かけがえのない場所になっていました。
暮らしとともに丁寧に見つける、私が思うこの街の好きなところの画像

童心に帰る私のファブリック雑貨。グレーのふっくらラグ

童心に帰る私のファブリック雑貨。グレーのふっくらラグ

一人暮らしを始めて一ヶ月。お部屋の印象を決めるファブリック雑貨に、グレーのラグを選びました。友人たちにほめてもらった嬉しさも、変わらぬ空気を運んできてくれたあたたかさも取り入れられる家を目指したいと思うのでした。
童心に帰る私のファブリック雑貨。グレーのふっくらラグの画像